3月23日の世界気象デーは何をする記念日?世界気象機関

   


 
毎年3月23日は、世界気象デーという厳かな感じがする記念日があります。この日は、世界気象機関が制定した記念日なのですが、いつ、どこで、なぜ、この様な日が設けられたのか、日本ではいつから始まったのかなど、世界気象デーについて説明します。
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

3月23日の世界気象デーはどんな日?

「WMO= 世界気象機関」という機関が、1950年の3月23日に「世界中の気象に携わる機関の条約が発効」された日を記念したのが、この世界気象デーとなります。
 
因みに、世界気象デーが始まったのは、世界気象機関条約の発足から10年後の、1960年に記念日が制定されました。
 
また、単に記念日を制定しただけではなく、キャンペーンを行って、国際的に気象知識や気象業務へ理解を深めようという活動も行っています。
 
  
 


世界気象機関とは?どんなテーマで活動中?

世界気象機関とはどんな機関なのか?もやもやとしたイメージかもしれないので、説明します。日本で天気に関わる機関と言えば、気象庁があります。その気象庁のような世界各国の機関が集まった組織の事です。
 

世界気象機関どんな組織?

世界気象機関「World Meteorological Organization= WMO」のことです。スイスのジュネーブに本部があり、地球物理学に関連する国際的な専門機関として登録されていて、約185ヵ国が参加しています。
 

世界気象機関発足までの歴史!

1873年に国際気象機関という、国を跨いだ気象関連の組織が設立されます。その後、発展して1947年に世界気象機関条約が提案され、1950年にWMOとして設立され、現在に至ります。
 
 

スポンサードリンク

世界気象デーはいつ日本で始まったの?

日本は、1953年(昭和28年)9月10日に国際気象機関へ加わりました。つまり、日本が世界の気象機関に加わったときにはもう、「世界気象デー」は存在していて、記念日と共に日本に伝わったことになります。
 

気象庁はいつ始まったの?

国際気象機関が発足する少し前、1871年(明治4年)に東京府が測量司をイギリスから招いて、鉄道建設を始めました。このとき招かれたイギリスの測量者が気象観測の必要性を説いて、気象台が作られたのが始まりです。その後、地震観測の必要性を感じて、地震計が設置されました。最初の気象観測所は、1872年に北海道の函館、東京は1875年となります。
 

日本は国際気象機関と何に取り組んでいるの?

日本国内の気象研究は気象庁などで行われていますが、各国の気象関係の研究や観測を纏めたり、世界規模で観測や研究が行われています。ザっと、どんなプログラムが行われているのか、代表的なものを紹介します。

・航空気象学プログラム
 
・農業気象学プログラム
 
・能力開発計画
 
・災害危険縮小プログラム
 
・教育・研修計画
 
・緊急対応活動
 
・全球大気監視プログラム
 
・世界的な気候システムの観察
 
・世界的なデータ処理と予測システム
 
・世界的な通信システム
 
・水文学と水資源プログラム
 
・観測器具と観察プログラムの方法
 
・かんばつ管理プログラム
 
・後発発展途上国プログラム
 
・海洋気象学と海洋学プログラム
 
・公開の気象観測プログラム
 
・WMO品質管理フレームワーク
 
・熱帯低気圧プログラム
 
・WMO宇宙計画
 
・世界気候研究プログラム
 
・WMO南極活動
  
・世界天気研究プログラム
  
・世界気象監視計画プログラム
 
 


最後に・・・

世界気象デーは日本に気象組織が設立されたばかりの頃、国を跨いだ気象観測組織によって作られたと言う事がお判り頂けたと思います。それでは、3月23日には気象、天候に興味を持って、天気予報を見てみてはいかがでしょうか。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。