初めて釣りをする女子が揃える道具と準備のオススメポイント!

   

 
趣味の切っ掛けは色々ありますが、釣りの場合は何から準備して、どんな道具が必要なのか分からなくてとっつきずらいですよね
 
人によってオススメが違うし、同じような道具なのに値段もちがう!これから釣りを始める女子へ向けて、気軽に始める準備の紹介をしますね。
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

釣りが初めての女子・初心者は何から揃える?

一言で「釣り」といっても、魚の種類は無数にいるし、釣る場所によって必要なものが違うし、例えば海・川・湖で道具や仕掛けがちがうんです。それに餌も違うし・・・・。
そこで、簡単にどんな釣りがあるのか紹介しますね。
 
 
「餌釣りとルアー釣り」というものがあります。ルアーは餌に見せたプラスチックや金属、ゴムのような素材を使って、魚に「餌だ!」と思わせて釣る釣り方です。
そして餌釣りとは、書いたそのままの意味で「生きた虫や小さなエビ、魚の切り身」などを使って釣ることです。
ルアーの良いところは「ウニウニ」動いて気持ち悪くないこと。餌の良いところはルアーよりも釣れ易いことです。
   
  
「道具の違い」海で餌釣りをすると、遠くへ投げるか、深く沈めて釣るので、大き目のリール(糸を巻く道具)が付いています。
昔からの日本の川で使われていた「渓流竿」を使った釣り方は、糸を竿につけてウキと針と餌というシンプルな釣り方と、「毛バリ」という針と糸で作った偽の羽虫を使った釣り方があります。
つまり、「リールで餌釣り・ルアー釣り」「渓流竿で餌釣り・毛バリ」に分かれます。
   
 
「魚の種類と場所によって仕掛けが違う」
これまではリールが付いているか付いていないかと、餌かルアー/毛バリの違いでした。ここからはちょっと発展して、場所と魚の種類によって道具が変わります。
例えば海でも船で沖に出る場合と、砂浜から投げる場合では竿もリールや糸も同じものは使えません。(無理に使うこともできますが・・・・逃げられるか、あまり釣れないかとなります)
湖や川で釣る場合も同じで、ワカサギのような小さな魚を狙った場合と大きなニジマスだ、同じ竿だと折れたり釣れなかったりするんです。
 
 
初めて釣りに行くなら、「借りる」もしくは「そこそこ安い竿を買う」とすれば解決です。始めのうちは、最初に釣った釣りに何度か通ううちに、だんだんと必要なものが分かってくるし、そのうちに欲しいものが出て来るのでその時に本格的なものを買えばいいですよ。
最初から「良いもの=高級品」と思って買っても、本当に欲しい竿が出てきたら使わなくなってしまいますから。
「値段=質の違い」だけど、高くなくても、魚が釣れれば十分楽しめます!
 
 
 

スポンサードリンク

釣り女子初心者だけど、服装ってどうしたらいいの?

釣りの服装というと、ベストに帽子、お魚屋さんのようなゴムのつなぎ、長靴に薄汚れたパンツなんてイメージがありませんか?
 
 
釣りに向いたファッションというものもあって、他のアウトドアスポーツのように用途に向いた専門ブランドで身を固める人も結構います。
見た目は大切ですよね。だから最初から釣り専門ファッションでも構わないんですが、しばらくは気にしないで大丈夫!
オススメは今持っている服の中で「ちょっと汚しても構わないズボン」・「フリースジャケットや薄手の長袖」「レインウェアー兼風よけジャケット」で十分楽しめるんですよ。そして、ゆくゆくは超高級フィッシングブランド服を目指してくださいね。

※真夏でも水辺は冷えるので1枚厚手の服を用意するといいですよ。
※素肌を出すと、照り返しですぐに日焼けします。あと、釣り針で傷ができる場合もあるので気を付けてくださいね。

あった方がいいもの
・風よけの服
・帽子
・サングラス
・日焼け止め
・ウェットティッシュ
 
 

釣りが初めての女子 先ずは体験!

女子向け釣りイベントが全国各地で開催されています。「女性限定!」とか「女性大歓迎!」の見出しを見つけたら申し込んでみてはいかがでしょうか?
情報源の狙いどころは、雑誌・インターネットで釣りイベント・釣り具屋さんの情報などを探すときに頼りにするといいですよ。
おひとり様で参加も良いですし、友人と連れ立って参加も良いですし、デートでも全くおかしくありません。
 
もう一つ体験する方法は、釣りをしている知人に連れて行ってもらってください。
この時に気を付けてほしいのは、「船で釣るならトイレの確認」、「川・湖で釣るなら音を立てないあまりしゃべらない」などです。(川と湖の魚は音や話声で警戒して逃げたり、餌を食べなくなるから)
  
 
気軽に釣ってください。最初から気合いを入れて、まる1日歯を食いしばって釣りをするより、サラッと2~3時間釣りをし釣れたらラッキー!、釣れなければまた次回!くらいが丁度いいでしょう。
もう少し贅沢をいうと、「食べれる魚」を釣ると、今後釣りに行きたいテンションが上がるので、次回の釣行の準備や下調べにも余念が無くなるというものです♪
 
 

最後に・・・

道具に関しては、釣り具屋に聞くと色々教えてくれますよ。多分初心者には未知の領域で、厳ついオジサンが出てきたり、薄暗くて気持ち悪い虫がウヨウヨしているとか、そんなイメージがあってお店には入りずらいかも知れませんが、全くそんなことはありません。(そんなお店もあるかもしれませんが・・・)
 
大抵のお店が明るくて、自分の好きな釣りや魚について話すのが、大好きな店員さんが多いんですよ。気軽に、気長に釣りを楽しんでくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。