サンマ秋刀魚という秋を代表する魚 漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
44 サンマ秋刀魚という秋を代表する魚Top
 
 
サンマという魚は、近年まで下級魚として、庶民の安価食材でしかありませんでした。また近年になる少し前までサンマという字は存在しませんでした。
 
いつ頃から全国的に広まって食べられるようになったのか、語源や漢字の由来など、サンマについて紹介します。
 
 

スポンサードリンク

  

スポンサードリンク

サンマ秋刀魚の語源、棲息地域について

■秋刀魚について

秋刀魚とはサンマ科のサンマ属の魚で、北太平洋全域に棲息、体調約30~40cmをしています。
水温は15℃~18℃を好み、夏は北へ移動、冬は産卵のために南へ移動する回遊性の魚です。
  
また、秋には産卵のために北から南下してきて、千葉県や相模灘の沿岸付近までやってくる。
  
  

■秋刀魚の語源

・サンマは体が狭く長いところから「サマナ・狭真魚」の発音からだという説
 
・サンマの「サンはたくさん」という意味で、「マは、まとまるとかうまい」という意味という説
 
・「真菜・マナ」は魚のおかずのことで、細長いところから狭い魚のおかずという意味で「サマナ→ サンマ」という説
  
・「サワンマ」とは「沢の魚、沢山の魚」という意味で、「マ」とは肉の身のことで「ミ」と同じく魚を指す言葉などからという説
 
 
 

サンマ秋刀魚の漢字と名称の由来

ダツ目・ダツ上科・サンマ科・サンマ属 (サンマ)
 
漢字: 秋刀魚、三馬
学名: Cololabis saira
英名: Pacific saury
別名: ダンジョウ、バンジョ、カド、サイレ、サイヲ、セイラ
 

■漢字の語源

・サンマの字は、秋の月夜にサンマを獲ったとき、魚体が刀のように美しく見えたからだといわれている。
 
・秋に獲れて、体が刀状をしているから意味で秋刀魚
 
・明治頃までは三馬と書かました。「吾輩は猫である」にも三馬と記載されています。サンマの「ンマ→ ウマ」からサンマのサとウマが合わさってサンマという説があります。
 
 

■サンマの諸説

江戸時代には「安くて長きはさんまなり」と言われるくらい庶民に定着していた魚です。ただし明治に入る頃までは下魚として扱われていました。また、サンマという言葉自体古典には記されていません。
 
江戸時代中期頃になるまで、サンマはサヨリの変種と思われていたようです。当時サヨリは高級魚でしたが、塩漬けして「サヨリ」と偽って売られていたようです。その為、下級魚と区別するため「真佐与利(本当のサヨリ)」と表していたと伝わっています。また、病気にも良くないと言われていた為、上流の人々には避けられていました。
 
まだ目黒の殿様のように庶民の間で美味しい食べ物として、江戸時代には庶民には人気があったことが分 かります。

 
大正コレラという言葉が、大正に流行りました。毎年秋になるとコレラが発生するため、サンマが原因だと濡れ衣を着せられた形で広まった言葉でした。
 
その後、「サンマが出るとアンマが引っ込む」といわれて、栄養価が非常に高い魚なので健康に良い食べと言われるようになって人気が高まりました。
  
 

スポンサードリンク

  
  

サンマ秋刀魚の産地と旬の時期

秋頃が旬の時期で、北に行くほど早くなりますが、関東では夏にあたる8月頃から北の北海道では取引が始まります。
 
・美味しい旬の時期:9月下旬頃、四国九州付近では、1月~4月頃獲れる
 
・産卵期:9月下旬頃、地域によりけり、北に行くほど産卵が早い
 
・有名な産地:殆どが北海道と宮城県が陸揚げの大半を占めています。根室漁港、女川漁港、気仙沼漁港、釧路漁港、厚岸漁港が上位5位までの漁港。関東では唯一銚子漁港、福島では小名浜漁港でも少し陸揚げされています。
 
 
関西、南紀、熊野、志摩等、紀伊半島、志摩半島の一部ではサイラと呼ばれていて、寿司ダネや一夜干しの焼いた物が一般的。
また、志摩では神様に備える品として、11月中旬に天の岩戸の前で秋刀魚を焼いて食べるという習慣があります。
 
 

最後に・・・

秋の食材として、サンマは代表的な食材です。このサンマの脂ののり方と味の良さは、冷えた北の海に近いほど濃厚になるといわれていて、少し早いと思われる8月下旬頃から北海道道東では取引が始まります。
一番乗りでサンマを食べたい場合は、根室や釧路漁港へ行くといいでしょう。
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。