シラウオ白魚という白くなる魚とは?漢字と名前の由来と語源辞典

   

 

49 シラウオ白魚という白くなる魚とは?Top
 
 
「シラウオ(白魚)」とはキュウリウオ目シラウオ属の魚の事ですが、「シロウオ(素魚)」というスズキ目ハゼ科の魚とよく間違われます。
この魚はサケ目からキュウリウオ目に分類し直されましたが、シラウオと日本の生活の関わりや語源などについて紹介します。
 
  
スポンサードリンク

 

シラウオ白魚の語源・由来

■シラウオ白魚とは?

サケ目シラウオ科で、日本では熊本県付近から北海道までの太平洋側と日本海側の川や湖の淡水域と、内海や沿岸部など海水域に棲息。海外では朝鮮半島やサハリン付近に日本同様、淡水域と海水域に棲息しています。
 
沿岸や内海に棲息するシラウオは産卵のために川を遡上しますが、産卵後の親魚は死んでしまいます。淡水に棲息するシラウオはそのまま湖にとどまりますが、一部海に降りるものもいるという、サケに似た習性を持った魚です。
 
 

■シラウオ白魚の語源

・「死後白(シロ)くなる」ところからシラウオと呼ばれる。
 

■白魚と似た名前の魚

・ハゼ科にシロウオというの魚がいます。外見も似たような大きさをしていますが、別の種類の魚になります。
 
・中国に同じ字の「白魚」という魚がいますが、日本とは別な魚を指しています。外見はスズキに似た淡水魚になります。


 
 
 

シラウオ白魚の漢字と名称

キュウリウオ目・シラウオ亜科・シラウオ属(シラウオ)
 
漢字: 白魚
学名: Osmeriformes Salangidae
英名: Icefish
別名: シラオ・シレヨ・アマサギ・シラス・フ・トノサマウオ・ヘキギョ・ウオドロメ
 
名前の通り、死後白く変色するので「白い魚」と書いてシラウオと呼びます。
 

■シラウオの種(旧) ■シラウオの種(新)
サケ目 キュウリウオ目
キュウリウオ科 キュウリウオ上科 ガラクシアス上科
→ アユ科 → ワカサギ亜科「ワカサギ属」 → レトロピンナ科 2亜科3属5種
→ シラウオ科 → アユ亜科「アユ属」 → ガラクシアス科 2亜科8属52種
→ サケ科 → キュウリウオ亜科 「アリアケシラウオ属・シラウオ属・ヒメシラウオ属・Protosalanx属・カラフトシシャモ属・キュウリウオ属・シシャモ属・Allosmerus属・Thaleichthys属」
→ ガラクシアス科

  

■昔からのシラウオ白魚の話

・東京湾・隅田川で獲れたシラウオは、江戸時代に入ってから徳川家康が三河湾から東京湾に移植したものだと言われてきました。
 
・シラウオは透き通っているため、脳髄が紋のように見えます。徳川家康が江戸に来てから、佃煮島の漁師が今まで見たこともない透き通った魚を獲った時、三河のシラウオなら将軍家の紋が付いているはずだと言って確認すると、この脳髄が将軍家の家紋に見えました。家康は良い兆しだと大変喜んだため、それから毎年シラウオの初物を献上するようになったといわれています。
 
・1601年に徳川家康が鷹狩に行った際、浅草川の漁師がシラウオを献上しました。それ以来、東京の京橋には白魚屋敷が建てられ白魚役が任免されました。その後、1867年まで毎年シラウオが将軍家に献上され続けました。またこの白魚役が困窮する漁夫達のために提出された手当改正の嘆願書が残っています。
 
・伊勢は昔からシラウオの産地として有名で、長島城主は将軍家へシラウオの目刺しを献上していました。また、「大和本草」という、1709年に発行された日本史上最高の生物学書というわれる本にも「伊勢の串に刺した珍味」として紹介されています。


  
 

スポンサードリンク

 
  

シラウオ白魚の産地と旬の時期

・美味しい旬の時期、冬~春
・産卵期:2月下旬~5月上旬
・有名な産地:島根県松江の宍道湖、九州の八代海、岡山、有明海、三重県の伊勢湾などが有名。
 

■東京湾・隅田川付近のシラウオ

東京湾のシラウオは水質汚染のため、死滅したといわれています。今の東京付近で出回っているシラウオは、霞ヶ浦付近の物か輸入物が主流といわれています。
因みに、隅田川河口付近で産卵するシラウオは2月頃が産卵期なので、関東ではこの頃が旬との時期でした。
 
水質改善や数々の魚を放流するなど、隅田川にシラウオを戻そうと地道に活動が続いています。


 
 
 

最後に・・・

シラウオとシロウオが混同されがちですが別な魚となります。また、シラスとシラウオも混同されることがありますが、やはり別な魚になります。
 
「シラウオ」はキュウリウオ目・シラウオ亜科(昔はサケ目シラウオ科)
「シロウオ」はスズキ目ハゼ科
「シラス」はイワシの稚魚
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」
写真出典:日本料理 作一(sakuichi)
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。