スズキ鱸は昔から高級魚?漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
52 スズキ鱸は古来からの高級魚Top
 
 
スズキ鱸とは、別名シーバスとも呼ばれる釣りで人気の魚でありながら、古来日本では高級魚として食べてきた魚です。
 
また焼・刺・煮・揚げ、どの料理も美味しい成長魚ですが、そんなスズキ鱸の名前の由来や生態などについて紹介します。
 

スポンサードリンク

 


スズキ鱸とは?名前の語源と由来

■スズキ鱸とは

北海道南部から南の日本中と朝鮮半島の南部付近の沿岸部や湾内に棲息する魚です。また中国の沿岸部にいるスズキと思われていた「タイリクスズキ」と呼ばれる種類は別種と判明しています。
この魚は、夏頃になると汽水域や河口付近や一部は淡水にまで入り、秋頃になると湾内の深場へ移動して越冬・産卵をする習性のある魚です。
 
このスズキという魚は、成長魚になので稚魚の頃から成魚になるまで、数回名前が変わります。
・一般的な成長事の呼び名
「コッパ」稚魚
「セイゴ」20~30cm
「フッコ」40~60cm
「スズキ」60cm~  
 
・一部の地域では別な呼称も交じります。
コッパ→ ハクラ→ セイゴ→ フッコ→ チュウハン→ スズキ 
 

■名前の語源・由来

・勢いよく泳ぐ、進むというススキからという説
 
・ススとは小さいという意味で、口の大きさに比べて尾が小さいからという説、
 
・鱗の色がススケ(煤け)たようなので、ススキからスズキになったという説、
 
・身が白いことから涼しげという意味のススと、清らかのキから来ているという説
 
・スズキは錫(すず)を好む、錫(スズ)を使って釣るから「す→ スズキ」となったという説
 
・すすぎ洗いしたように白くて美しいという意味から「すすぎ→ スズキ」という説
 
・「スズ・清清」と魚を表す接尾語「キ」が合わさって「スズキ」という説
 
※古い名前で「筋雪」と呼ばれていました。
 
 


スズキ鱸の漢字と歴史に出てくる話

スズキ目・スズキ科・スズキ属、(スズキ)
 
漢字: 鱸
学名: Lateolabrax japonicus
英名: Sea Bass
別名:ユウド、オオタロウ、マダカ、カワスズキ
 

■スズキが登場する歴史の話

「古事記」には、「口大の尾翼鱸を釣り取りて天のまなぐいたてまつらむ」と出てきます。この話は大国主命が恭順したときの宴にスズキが出されたことが記されたものです。
 
「万葉集」や「魚鑑」にもスズキに関して記載されていて、「大和本草」には「出雲の湖の鱸味最すくれたり、海と河との間にあるも味よし」などと紹介されています。
 
「平家物語」では、平清盛が船にスズキが飛び込んできたことを吉兆といい、その後天下をとったという話が記載されています。
 
山陰地方では冬の雷の事を「鱸落とし」と呼びます。これは冬に入るまえの10月頃、宍道湖から海へスズキが逃げるように落ちていくことからついた呼び名といわれています。
  
 

スポンサードリンク

    


スズキ鱸の産地と旬の時期

スズキは日本中で獲れますが、昔から出雲産や松江産が有名です。季節が来れば東京湾の沿岸部や河口付近でもよく釣れる程、ある程度水質の変化にも強い魚です。
 
身が美味しい時期:6月~8月
子持ちが美味しい時期:11月~2月
・産卵期:11月~1月頃、沿岸や湾口部の深場で産卵
・有名な産地:呉の松江産、出雲産が特に味が良いと昔から有名。日本全国で獲れる。
 

■近年のスズキ

・関東より関西の方が高級魚として人気のある食材です。
 
・「朝バネ釣り」「夕バネ釣り」とは朝と夕まずめに良く釣れる時間帯に「ハネ」という、スズキの成長する前の魚の釣りが昔から関西では親しまれてきました。関東なら「フッコ」釣りに相当します。
 
・湖ではブラックバス、海だからシーバスのこと「スズキ」のルアーフィッシングは人気があります。どちらも同じ種類の魚で、味も似ています。そして針にかかったときに左右に走ってエキサイトするところから、スポーツフィッシングの対象となっています。
 
・スズキは高級魚と位置付けられていますが、鯛に次いで高級といわれてるくらい味の良い魚といわれてきました。
 
 


最後に・・・

日本では馴染みの深い魚の一種で、関東でも関西でもほぼ日本中の沿岸部で獲れる魚ですが、東京湾を始め、多くの沿岸部は海水の汚染によって多くの魚が死滅してしまいました。
 
その中でスズキは水質の変化に強いため生き残ることが出来ましたが、一部の人からは「汚い水で生きている=美味しくない魚」というイメージや、キャッチ&リリースする魚程度にしか思われていないようです。しかし7世紀前半にはすでに、美味しい食材として重宝されてきた魚なんです。
 
近年では日本でも養殖が試まれていますが、売られている養殖スズキの多くは、中国の養殖されたタイリクスズキが多いのが現状となっています。
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。