タコの日の8月8日とオコパータコパーの日って何する日?

   

  
 
57 タコの日の8月8日Top
  
記念日の一つにタコの日がありますが、7月2日は半夏生だからタコを食べるという地方の習慣と、8月8日はタコの足の数と同じだから。
そしてオコパータコパーの日は何の日かご存知でしょうか?それぞれどんな日か、ちょっと関係のある二つの記念日を紹介しますね。
 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

タコの日の8月8日はどんな日?

〇8月8日のタコの日とは

タコの足は8本なので、普通タコ焼きは8個入りだという意見もあります。
 
そして、8月8日はタコの足の数の数字が揃っている日なので、名産地の熊本県天草市や広島県三原市では「タコの日」としているんです。
 

〇7月2日のタコの日とは

7月2日のタコの日とは?というと、「一般社団法人・日本記念日協会」が定めている記念日です。関西地方では「半夏生=7月2日」にタコを食べる習慣があることからだそうなんです。
 
「八本足で稲がしっかり根を張るように、タコの足の沢山ある吸盤のように、稲も沢山実るよう」とに願って行われているいわれているんです。
 
そういえばタコの言い伝えの一つに、「タコはイモ好きで夜な夜な畑のイモを採って食べてしまう」というような話があります。あながち農家との関わりが無縁というわけではなさそうですね。
 
 

〇タコの日には何をする?

7月はタコを食べるだけです。8月8日は「タコ供養」という神事・仏事をどちらの市も行っていて、供養と豊漁や海難事故除けを願って開催されて、小タコが海へ放流されます。
 
三原市では三原駅の東にある「松壽寺」というお寺で、天草市ではシーズン初めに新和町で、8月8日には有明町の五多幸広場で供養が行われています。
 
勿論、両市ともに夏場はタコが旬の時期なので、どの宿泊施設もタコ料理のあるレストランでもタコ料理で賑わっていますよ。
 
57 タコの像 
出典:大浦地区振興会
  
 
   

オコパータコパーの日とは 何する日?

オコパータコパーの日はご存知でしょうか?何の記念日?オコパータコパーとは何のこと?と思われるかもしれないですよね。
 
オコパータコパーとは、「お好み焼きパーティー・タコ焼きパーティー」を略して「オコパー・タコパー」となりました。
 
この記念日は毎月第3土曜日に指定されていて、一般的な給料日前にお財布に負担が少ないお好み焼きやタコ焼きを食べることで、一家団欒を楽しめるということが目的で日清製粉グループによって設立されました。
 
 
さて、ここで問題のタコの日は7月2日か8月8日、もしくはこの両日の間の期間中、明石市ではタコまつり月間が開催されますが、オコパータコパーの日とどう関わってくるのでしょうか?
 
 

スポンサードリンク

  
 

タコの日のあまりでタコパーティー!

先ず、タコの日はタコ尽くしでお楽しみ下さい。この日は旬のタコを「これでもか!」というくらい堪能してください。このとき食べ残すくらいがちょうどいいでしょう!
 
8月8日のあと食べ残したタコは冷凍保存して置けば、第3土曜日までアッという間です。もう一度タコイベントとしてタコ焼き三昧すれば、タコの旬の時期は終わりを迎えます。
 
因みに明石市周辺なら7月第3土曜はまだ「タコまつり月間」の最中なので、タコ焼きを食べた後でもう一度タコ尽くしでもいけます。
 
 
そして、ここでもう一つ問題があるんです。関西ではタコ焼き器が家にあるのは当たり前、お好み焼きを自宅で作るのは当たり前ですが、これは地方の食習慣で、全国一般的には当たり前ではないんです。
 
勿論、北海道や沖縄や新潟などでも、タコ焼きやお好み焼きを普段から作って食べるという家庭もあるでしょう。
 
 
でも、タコ焼きはわざわざ”タコ焼き器”を買わないといけません。そしてタコ焼きは”おやつ”みたいなもので、”食事にはならない”という人が多いんです。
 
なぜなら、お祭りの縁日で買って歩きながら食べたり、遊園地で食べたり、買い物に行ってデパートの入口で買ったりしていたら、食卓に着いて食べられないですよね。
だからオコパータコパーの日といわれても、”買って食べる”から余計”高くつく”事になってしまうんです。
 
 
そこは発想を変えて、お好み焼きには何を入れても構わないんですから、自宅でタコのお好み焼きを焼けば解決します。東京のお好み焼き屋さんのメニューにも並んでいるから決して邪道ではないですよ!
 
 
 

最後に・・・

名産地では、タコステーキ(丸ごと煮たタコ)、刺身、サラダ、から揚げなど色々ありますので、自宅でタコ料理に挑戦してみてはいかがでしょうか?
 
大丈夫、失敗しても最期の手段、タコ焼きやお好み焼きにすれば美味しくいただくことが出来ますから!
 
産地で食べてみたいという人は、「明石市周辺観光」・「三原市周辺観光」・「天草市周辺観光」をご参照くださいね。
 
それでは、タコの日とオコパータコパーをお楽しみください。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。