海釣りを始める初心者向きの道具と簡単な釣り方!

   

 
釣りを始めてみたいと思ったとき、最初に困るのが何から揃えたらいいのか?次に困るのは釣り方が分からない!ではないでしょうか?
 
海での釣り方も道具も沢山あって、実は狙う魚の種類によって道具が違うんです。そこで、これから海釣りを始めるのにオススメの道具と釣り方を紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 

海釣り初心者は何から始めたらいい?

1、釣りに行く場所をある程度決める
これから釣りを始める人にはちょっと難しい課題かもしれませんが、とっても重要なことなんです。
行先によって仕掛けや餌が違う場合も珍しくはないので、「近所の海」「船で釣る」など大雑把に決めておくといいですよ。
 
2、道具を揃える
色々な魚で使える、使いまわしの良い道具を用意してください。
 
3、どんな魚を、どんな釣り方で釣るのか知る事
時期や行き先で釣れる魚が変わります。基本的には、行った先ではどんな釣り方が向いているのか、どんな魚が釣れるのか?を調べるといいでしょう!
 
 
この程度の大雑把な内容で十分なので、次は一番悩む「釣り道具一式」の購入です!
 
 
 

海釣りを始めるための道具

とりあえず、先ほど決めた大体の方向性を持って、釣り具屋さんへGo!です。
基本的には店員さんに聞きながら買うのが一番なんですが、変なものを買わされたくないとか、店員さんによって言っていることが違う!など色々迷わせてくれると思います。
確かに釣り方や魚の種類によって、仕掛けや道具が変わるので、店員さんも買う人も迷いどころなんです・・・・。
 
そこで、オススメの簡単な釣り方とそれに合った道具の選び方を紹介しますね。(釣り方の違いの紹介は後ほど)
 
投げ釣り(ちょいなげ)
こませ餌釣り
 
 
この二つの釣り方には、特別な技術はいりません。そして坊主(全く釣れないこと)になるのが難しいということなんです。
餌を扱うのにはちょっと抵抗があるかもしれませんが、どちらも「餌で釣る=餌釣り」になります。
  
 
逆にオススメしずらいのがルアー釣りで、理由は単純明快「なかなか釣れない」からなんです。
ある程度、ルアーに動きを出させながら巻いていく釣り方には、結構技術や経験が必要なんです。
 
その代わり、餌を扱うことが無いので、手が臭くなることも、ウネウネ動く餌に触って気持ち悪い思いもしないので気楽なんです。
でも、ルアー釣りは餌釣りのよりも釣れる量が少ないので、それを知ったうえで、最初にルアー用のセットを購入するか、良く釣れる餌釣り用のセットを購入するかしてくださいね。
 
 
次に紹介するのは、道具の質と値段の目安についてです。
お店によっては、親切心から将来のために良いものを持つことを進めてくれる場合があります。
それはそれで間違えではありませんが、極論だと今の段階だったらどんな道具でも構いません。
 
「安くて十分」「使いまわしが効く」「いずれ買い替える」ことを前提に購入するといいですよ。
何度も釣りに行っていると、だんだん自分の好みの釣り方・行先・魚の種類など、釣りの方向性ができてきます。
この段階で、財布と相談しながら自分の釣りの方向性に合った道具を購入するといいでしょう!
 
値段の目安は、3000円~5000円くらいのセット
 
 
海釣り用の釣り道具のセットとは
・ロッド(釣り竿)
・リール(糸を巻く装置の事)
・ライン(釣り糸の事)
 
※ロッドとリールは海釣り用を選んで下さいね。
※ラインには太さのサイズがあります。2号~5号(番号が小さいほど糸は細くなります。)で十分。行先によって魚の種類が変わるので、店員さんに相談!
 
ラインのサイズとは、例えばマグロを釣るときと、小さなキスを釣る場合ではマグロの方が太くて頑丈なラインでないと切れちゃいますよね。(あくまでも例えです。)
 
また、ラインはできるだけ細い方が釣れ易いんです。太い糸は「あっ、なんだか怪しいゾ!」と魚にばれるんです。
だから、切れない程度にできるだけ細い糸の方がいいんです。
 
 
セットに追加で、投げ釣りに必要なもの
・針
・エサ
・おもり
・バケツやクーラーボック(釣れたとき用)
 
※ウキ
ウキを使った釣り方と、遠くへ投げるだけの釣り方があります。浮釣りをする場合はウキも購入してくださいね。
 
 
セットに追加で、さびき釣りに必要なもの
・さびき用の仕掛け
・エサ
・おもり
・バケツやクーラーボックス(釣れたとき用)
 
 
 

スポンサードリンク

海釣りの初心者が簡単に釣れる釣り方

投げ釣りというと「遠くへ投げる?」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、色々な釣り方があるんです。
砂浜で投げる場合は、ご想像通り思いっきり遠くへ飛ばします。この投げ方には技術と、専用の仕掛けが必要になるので、この釣り方はとりあえずここで。
また、船で釣る場合は、初心者にはちょっと敷居が高いので、ここでは触れません。

防波堤などで釣るのが初心者にはオススメです!
遠くへ投げて、竿が大きくしなったら釣りあげるという釣り方と、ウキを付けて適当に投げてウキが大きく沈んだら釣るという釣り方、そして最後にカゴという餌を詰め込んで海に放って、竿がしなるか、ある程度時間が経ったら巻き上げるという釣り方があります。
 
前者の釣り方は、餌を針につけて遠くに投げてもいいし、堤防や防波堤の足元に落とすだけでも構いません。正確には、足元に落とす釣り方を「落とし込み釣り」「落とし釣り」と言います。時期と行先によって細かい仕掛けが変わるので、釣りに行く時期に合わせてお店で相談するといいですよ。
 
 
さびき釣り
浮を付けた釣り方を飛ばして、先ほど最後に紹介した、かごをつけた釣り方を「さびき釣り」といいます。
餌を付けない代わりに、5~10cm程度の入れ物に小さな餌を詰め込みます。海に投げ込むと、隙間から詰め込んだ餌が海中に広がって魚が集まってきます。
実はこのカゴの周りには、仕掛けには餌に似せた針(疑似餌)が数本付いているので、この針を餌と思って食いついてくれるんです。
 
だから釣り方は単純。
①餌を詰め込む→ ?海に投げ込む→ ?「竿が大きくしなったら巻き上げる!」もしくは「餌がかごから無くなった頃巻き上げる!」
 
つまり、釣れたら引き上げるか、餌がなくなったら引き上げる。この時に、魚がかかっていたらラッキーと思ってください。たったこれだけの作業でいいんです。
だから初心者には「釣れる楽しみ」「手間が少ない」「昼寝や読書をしながら釣れる」そんなスタンスで楽しめるのでオススメなんです。
 
 

最後に・・・

最初のうちは、同じところに何度か通うといいですよ。その場所での釣り方に慣れるのと、余裕ができるので、他の釣りをしている人に仕掛けや釣り方などを聞いてみてください。
釣り具屋で聞いたり、本調べるより生きた情報が手に入るんです。それから自分の好みに合った釣り具を揃えても遅くはありません。
だから余計、最初は”安い道具”で始めた方がいいという訳なんです。
 
大切なのは、道具の質や釣り方を沢山していることではなくて、釣りに行って”楽しむ”ことです。
他の人に迷惑になる事をしない、ごみを捨てないなどマナーを守ってください。
 
それでは、これからドンドン釣りに出かけて楽しんでくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。