トリガイ・鳥貝という貝の漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
62 トリガイ・鳥貝という貝Top
出典:かぎけんWEB
 
殻のついたトリガイを見ることは通常滅多にありませんが、この鳥なんだか貝なんだか分からない”貝”はなぜこんな名前が付いたのでしょうか。
また、漢字の由来や生態など、トリガイはどんな貝なのか?などについて紹介します。
 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

トリガイ鳥貝の語源・由来

■トリガイ・鳥貝とは?

ザルガイ科の二枚貝で、日本では東北から南、朝鮮半島、中国沿岸付近の内湾、水深約20~30m付近に生息。陸奥湾から北限といわれてきましたが、近年函館でも発見されたため、現在は函館から南に生息する貝になりました。
 
また、殻の長さは8cm~10cmくらいの円形をしていて、身のように見える部分は足で「く」の字に曲がっていて、捕食者に襲われると飛び跳ねて逃げるのが特徴。
 
この貝の特徴は「雌雄同体(しゆうどうたい)」とっいて、雄と雌の生殖器官を一つの体に持っています。また、寿命は2~3年。
 

■トリガイ・鳥貝の語源

・貝の形が「鳥のクチバシ」のようだからという説

・「足の形が鳥に似ている」という説

・「味が鶏肉のようだから」という説

・伝説で「上総の海で千鳥が海に入って貝になった」という説
 
 


トリガイ鳥貝の漢字と名称

マルスダレガイ目・ザルガイ科・トリガイ属、(トリガイ・トリカイ)
 
漢字: 鳥貝
学名: Fulvia mutica
英名: Heart Clam、Japanese Cockle
 

■歴史

・昔から飛び跳ねて逃げ、ときに大発生、ときに大量死しています
 
・「大和本草」には、味が良くなくて干して食べ、犬や猫が食べると耳の輪が小さくなると記されています。
 
・「和漢三才図会」には、「肉は炙って食べると甘美で、煮ても佳い。最下級品の食物。無毒。ただし猫が鳥蛤の腸を食べると耳が脱け落ちる」と記されています。
 
 

スポンサードリンク

トリガイ鳥貝の産地と旬の時期

現在は寿司。刺身、酢の物などにして食されていて、高級食材として販売されています。また、昔は大量死したり豊漁だったりしていましたが、養殖に成功したため天然のトリガイと遜色な、く大きな貝が安定して獲れるようになっています。
 
・美味しい旬の時期:秋~春
・産卵期の禁漁期間:5月~10月、1年に2回産卵します。
・有名な産地:東京湾、三河湾、伊勢湾、瀬戸内海、京都府・舞鶴湾、若狭湾
 
※産卵の時期と重なる、太平洋側は春、日本海側は夏が旬ともいわれています。
トリガイの旬には諸説があります。春から夏の間に産卵のあと、秋から春が旬という説と、春から夏が旬という説があります。
 
海産物の定説では、産卵前が美味といわれていますが、多くの資料では春から夏の産卵時期が旬と記述されています。
   
※暖かい海水を好みます。3月~4月が旬で、すしや酢の物でよく食べられています。また、昔は毒があるといわれて食べられていませんでした。
 

■近年のトリガイの利用

・冷凍ものが多く、殻付きで入荷することが少ない。因みに、内臓など余計な部分を取り除いた足の部分は黒紫色をしているので、別名「オハグロ」と呼ばれています。
 
・基本的に下ごしらえしてあるものが流通していますが、水~ぬるま湯で軽くすすいでから調理します。茹ですぎるとすぐに固くなるので、注意が必要とされます。
 
・山口県付近では冬に漁が開始されて春に終了。また、貝桁漁(かいけたりょう)と言う伝統的な漁法で漁が行われています。
 
 


最後に・・・

お店で殻付きのトリガイを見る機会は非常に稀ですが、昔から田螺(たにし)を大きくしたような貝だといわれ、貝細工にも多く使われてきた、本来は身近な貝です。
 
近年、他の魚介類と同じように漁獲量が減少していますが、東京湾や山口県など水産研究センターなどで研究が進められています。
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。