ナミガイ波貝・通称白ミルの漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
72 ナミガイ波貝・通称白ミルTop
 
 
ナミガイという二枚貝をご存知でしょうか?スーパーで売られることが殆どないので、一般家庭では食べる機会の少ない貝ですが、市場に行けば珍しくありません。そんなちょっと「通の人」に向いたナミガイの名前や漢字などの語源について紹介します。
 
 

スポンサードリンク

  


ナミガイ波貝とは?ナミガイの語源

■ナミガイ・浪貝とはどんな貝?

キヌマトイガイ科の二枚貝の一種で、オホーツク海、サハリン、日本では北海道から九州にかけて分布。水深10m~40m付近の砂泥底に生息していて、殻の高さ約7cm、殻の長さ約10cm、殻幅約5cmのやや丸い長方形をしています。
 
日本に広く浸透している「ミルクイ」は、通称「ミルガイ・みる貝」「ミルクガイ」と呼ばれ、バカガイ科の二枚貝になります。
このミルクイの代用にされるのが、姿かたちが似ている「ナミガイ」で、2種類の貝を区別するために「ミルクイ = 本ミル、黒ミル」と呼ぶこともあります。
 
代用の貝が必要な理由は、国産ミルクイが減少してしまったからですが、現在は北米などから輸入に頼っています。実際には、ミルクイよりナミガイの方が日本では多く流通しています。
 

■ナミガイの語源

貝殻の表面に「波(ナミ)状の皺」があるところから「ナミ + カイ→ ナミガイ・浪貝」となりました。
 
 


ナミガイ波貝の漢字と名称

キヌマイトガイ科(ナミガイ)
 
漢字: 浪貝
学名: Hiatellidae Panopea japonica
英名: Geoduck
別名: シロミル・オキノメンガイ

2枚貝には数種類の目があって、その内のオオノガイ目キヌマイトガイ科に分類されます。
味と姿が似ている「ミルクイ」は、バカガイ科ミルクイ属の貝になるので、全く別種類の貝となります。
 
 

スポンサードリンク

 


ナミガイ波貝の産地と旬の時期

・美味しい旬の時期、冬から春先
・有名な産地:愛知県、千葉県、香川県丸亀市・本島・与島
 
※大半を輸入もので補っています。ただし正確にはナミガイそのものではなく、近い種類のアメリカナミガイが市場に流通しています。
 
※食べ方は「刺身・寿司」が圧倒的に多い。丸くて大きい”肝”と、長くて大きい”水管”のどちらも生で食べています。
   
  


最後に・・・

ミルクイと比べて味が劣るとか、質が下がるという一部の評価ありますが、味はかなり美味とされます。ミルクイの減少で希少価値が上がっていることから、高級貝として取り扱われているので、ナミガイの方が格が低い貝と思われがちです。
  
  
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」
   
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。