ニベという魚 通称イシモチの漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
73 ニベという魚Top
出展:親友海沖釣り魚類図鑑
 
  
スズキの一属にニベ・鮸いう魚がいますが、通称ホンニベ・シログチ・イシモチ・グチと呼ばれる他、多くの方言があります。
グーグーとエラを振動させて泣くのが特徴のニベですが、この魚の名前の語源や漢字の由来などについて紹介します。
  
  

スポンサードリンク

 


ニベ鮸の語源と由来、どんな魚?

■ニベの語源

・ニベの俗称は「にかわ」で、ニベの浮き袋から「うおにかわ/ぎょこう」を作ることろからついた名称。
この「にかわ」を作る過程で、浮袋を煮る「ニ」と、腫れたもの、膨らむものを「ヘ」と呼ぶところから「ニ + ヘ→ ニベ」という説がある。
 
・影行天皇が肥後に行った際、献上された魚の名前を尋ねたところ誰も知りませんでした。
献上された魚が沢山いるところから、多いという意味の「にへさに→ 二へ→ ニベ」という説が伝わっています。
 

■ニベとはどんな魚?

ニベ科の一種で、東北から東シナ海の近海の砂泥底に生息している魚。頭に耳石があるので通称イシモチと呼ばれています。
 
体長は約70cmに成長。大きな浮袋があり、その付近の筋肉を振動させてグーグーと音を出すのが特徴。そこから地方名で「グチ」と呼ぶところもあります。
 
 


ニベの漢字と種類の分類

スズキ目・スズキ亜目・ニベ科・ニベ属、(ニベという魚)
 
漢字: 鮸
学名: Nibea mitsukurii
英名: Nibe croaker
別名: シラグチ・コワイシモチ・クログチ・ハグチ・ヌベ・イシモチ・アカグチ・コイチ・グチ
 
 

■ニベ科の種類

ホンニベ属・オオニベ属・ナガニベ属・クログチ属
カンダリ属・コニベ属・サンゴニベ属・キグチ属
アトラクトスキオン属・レイオストムス属
サンカクニベ属・セマルニべ属・オトリテス属
シログチ属・ゴマニベ属・スキアエノプス属・ウンプリナ属
ニベ属
→ ニベ
 
 

■ニベの昔の話

・「本草網目」には、「白魚のようで平たい身、弱骨。鱗は金のような黄色。水を出してよく鳴く」というところから、今でも愚痴(グチ)を言っているようにグーグーと泣くことを指しています。
 
・昔から浮袋からにかわを作っていて、細工師や弓を作るのに重宝してきました。
  

スポンサードリンク

  


ニベの産地と旬の時期

・美味しい旬の時期:
・産卵期:
 

■ニベのことわざ

「にべにもない」という愛想がない、そっけないことを指す諺がありますが、これは「ニベ = にかわ」から人間関係をつなげる言葉として使われるようになりました。
 
「にべもしゃしゃりもない」さっぱりとして粘りのないところから、味もそっけもないという意味。
 
「にべもなく断る」愛想がない断り方をすること
 
※にかわとは昔の接着剤のこと。
 
 


最後に・・・

ニベ科にはニベ属とシログチ属がいて、テンジクダイ科とニベ科のイシモチが2種類いるので、それぞれ混同されやすいです。
 
ニベとシログチの違い
「ニベ」は、スズキ目ニベ科ニベ属のニベのこと。
「シログチ」とは、スズキ目ニベ科シログチ属 のこと。
 
イシモチの違い
「スズキ目テンジクダイ科」
「スズキ目ニベ科」
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。