ぶどう狩りに行くなら発祥地の勝沼と歴史のある甲府!おすすめは?

   

 
76 ぶどう狩りに行くならTop
 
 
日本一のブドウの生産量を誇る山梨県。その中でも甲府と甲州・旧勝沼は群を抜いてブドウが有名なことはご存知のとおりです。
でもいざブドウ狩りに行こうと思ったら、どの農園がいいか悩みますよね。甲府と甲州のブドウ園やブドウの歴史など参考にしてください。
 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

ぶどう狩りへ行くなら!勝沼・甲州のおすすめ

甲州市、旧勝沼のブドウは長い歴史があって、日本で最も古くから栽培していたと考えられていて、始まりは2つの説があります。
 
一つは、718年に中国から薬の一つとして渡ってきたブドウを、行基という僧侶がこの地に伝えてブドウの栽培を始めたという説。
もう一つは、1200年頃雨宮勘解由(あめみやかげゆ)が山で自生しているブドウを発見して移植、またはブドウの木を挿し木をして株を増やしていったのが始まりという説が勝沼に伝わっています。
  
いずれにしても、800年以上ブドウの栽培が続けられている土地が、この甲州市(勝沼)なんです。そんな日本でも有数の古い歴史を誇る甲州のブドウ農園を紹介しますね。
 
  

〇ぶどうの早川園
ここは、ほうとう屋とブドウの木の下のカフェのようなブドウ園で、世界中の色々なブドウを食べられるんです。また、食べ放題なので家族でも行きやすい農園ですよ。
 
7月下旬からブドウ狩りが本格的に始まって、11月頃まで採れます。ただし種類によって採れるタイミングが違うので狙いの品種がある場合は、問い合わせてご確認くださいね。
 
勝沼観光センター専果園様の割引券はこちらから→ 「ダウンロード」してお持ちくださいね。ブドウ情報もありますよ。
 
ブドウの品種:
ゴールド・紫玉・デラウェア・涼玉・ゴールドフィンガー・ハニーブラック・
レッドクイーン・藤稔・高尾・安芸クイーン・リザマート・リザマート・
ピオーネ・バッファロー・レッドネヘレスコール・シナノスマイル・赤嶺・
マニキュアフィンガー・マニキュアフィンガー・瀬戸ジャイアンツ・
マニキュアフィンガー・甲斐路・翠峰(スイホウ)・など・・・合計約70種類
 
料金の目安:
60分食べ放題/1500円~2000円(品種によって料金が決まります)
 
お問合せ先:
〒409-1316
甲州市勝沼町勝沼761
TEL:0553-44-0632
最寄り駅:JR勝沼ぶどう郷駅 徒歩約20分


 
 
〇若尾秀農園(わかおしゅうのうえん)

江戸時代から続く老舗ですが、アットホームな雰囲気のブドウ農園です。全く敷居は高くないので気軽に行けます。
 
ブドウの品種:
巨峰・ピオーネ・ロザリオビアンコなど
 
料金の目安:
800円~1500円/1kg
※食べ放題ではありません。採った量に対して量り売りになります。
 
お問合せ先:
〒409-1316
甲州市勝沼町勝沼3170
TEL:0553-44-0494
最寄駅:JR勝沼ぶどう郷駅 徒歩16分


 
 
〇ふるやファーム
一見外から見るとブドウ農園というより、木の下の和風カウンターカフェのようですが、ちゃんと農園は隣接していて雨天でもブドウ狩りができるんです。また、種無しブドウの種類も多いので年齢を問わず楽しめるでしょう。

ブドウの品種:
デラウェア・キングデラ・巨峰・ピオーネ・カッタクルガン・ロザリオビアンコ・ピッテロビアンコ・甲斐路・シナノスマイル・ゴルビー・紅バラード・シャインマスカット・オリエンタルスターなど

料金の目安:
2000円/大人、1000円/子ども
食べ放題!
時間無制限!

お問合せ先:
〒409-1316
甲州市勝沼町勝沼1743-3
TEL:0553-44-1414
最寄駅:JR勝沼ぶどう郷駅 車で約5分


 

スポンサードリンク

  

ぶどう狩りへ行くなら!甲府のおすすめ

現在の甲府市でブドウの栽培は1836年に始まったと歴史資料に記録が残っています。この江戸時代末期に、水害などで多くの人が村を離れていったため、田畑が荒廃していったと記されています。
 
野生動物からの被害を受けずらくて収穫できるものということっで、ブドウに白羽の矢が立ちました。また、この土地の土や気候とブドウの相性が良かったため、栽培が順調に進んで収穫量が増え、明治(1968年以降)に入る頃には、安定して県外へ出荷するようになり、現在に至っています。
 
さて、そんな甲府のブドウ園ですが、町から離れればいくつかありますが、参考までに市内にある農園のいくつかを紹介しますね。
 

〇遊覧ぶどう愛宕園 (あたごえん)
甲府駅から東へ1kmも離れていなく、甲府駅北口から無料送迎バスもあるアクセスしやすい立地条件のブドウ園になります。ここなら電車で移動している人も、気軽にブドウ狩りが楽しめますね。
 
ブドウの品種:
デラウエア・巨峰・ピオーネ・ベニバラード・甲斐路・ミレイ・サマーブラック・ロザリオビアンコ・シャインマスカットなど、その他十数種類とルーベルマスカットと甲斐路を交配させたの「甲斐乙女」
 
料金の目安:500円~1,000円/大人一人/40分
※料金は品種によって異なります。農園で確認してくださいね。
 
お問合せ先:
〒400-0023
甲府市愛宕町266-2
TEL:055-254-0125


 
  
〇ぶどうの早川園
甲府駅から東へ2駅の善光寺駅から北へ約500mに位置しています。高速道路からは甲府市内を少し走りますが、中央線沿い付近なので分かりずらいということはないですよ。
品種の多さが抜群によい農園で、世界のぶどうを栽培しているといわれています。
 
ブドウの品種:
デラウエア・サニールージュ・セネカ・大玉ポートランド・赤マスカット・チャナ・リザマート・リッシバーバ・ベイジャーガン・ゴルビー・マニキュアフィンガー・紅環・ ピオーネ・ブラックオリンピア・紅瑞宝・レッドネヘレスコール・クルガンローズ・マスッカトハンブルグ・ロザリオロッソ・ニューナイ・ロザリオビアンコ・紅アレキ・マスカットアレキ・紫苑・ピッテロビアンコ・甲州など
 
料金の目安:採ったブドウの量に応じて料金が決まります。
 
営業期間:7月下旬~11月上旬
 
お問合せ先:
山梨県甲府市善光寺2-4-15
TEL:055-233-5495
E-mail:hayakawaenn@yahoo.co.jp


 
  
〇こうぶえん
善行寺駅の北約1km、甲府駅からバスで約10分の場所にあるリーズナブルと評判の農園です。
また、入園料は無料で採った分だけのお支払いなので、お子様連れにおすすめという評判もあります。
 
ブドウの品種:巨峰、甲斐路、甲州など
 
料金の目安:採ったブドウの量に応じて料金が決まります。
 
営業時間:お問い合わせください
 
お問合せ先:
〒400-0806
甲府市善光寺町2775
TEL:055-233-6611

 
 
 

ぶどうの話・山梨の歴史

日本のブドウの歴史は長くて、紀元前3世紀前の弥生時代に遡ります。当時の約250遺跡からブドウ類が発見されていることから、山ブドウが自生していたと考えられています。
 
栽培が始まったのはそれから数百年経ってからで、先ほど紹介した718年に行基という僧侶が勝沼に伝えたという説と、1186年に雨宮勘解由(あめみやかげゆ)が山で見つけて、それを移植栽培したという説が伝わっています。いずれにしても、約1000年の栽培の歴史がある果物となります。
 
 
一般的にブドウの木は、約10年で植え替えをするといわれています。勿論品種や健康状態で年数に差が出ますが、現在の甲州市勝沼には日本最古の葡萄の木が生えているんです。
 
このブドウの木の名前を「甲龍」といって、樹齢100年経った今でも毎年200kg~のブドウが収穫されているといわれています。ブドウ狩りに行ったあと、もし一目最古の「甲龍」を見てから帰ろうと思ったら、「中央園 (ちゅうおうえん)」という農園を訪ねてくださいね。目印は90°折れ曲がったまま生えていて、屋根としめ縄が付けられている木です。
 
中央園
〒409-1316 甲州市勝沼町勝沼3003
中央高速・勝沼インターの北西約2km、JR中央線勝沼ぶどう郷駅の西約2km
 
 

最後に・・・

甲州・勝沼と甲府のブドウ園を詳しく調べると、まだまだ・まだまだ沢山あるので、ブドウ園のハシゴ、品種の食べ比べなどしながら周ってみてはいかがでしょうか?
その他、「甲州市・勝沼周辺の観光・宿泊」はこちらを参考にどうぞ。
 
それでは、ブドウ園発祥地の勝沼と江戸時代から栄えた甲府のブドウ園を楽しんできてくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。