ハスという関西にいるコイ科の魚 漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
77 ハスTop
出展:「図鑑ドットコム」
 
ハス・鰣というコイ科の魚が、京都の琵琶湖と淀川水系、福井の三方五湖を原産として、日本では関西周辺にだけ生息しています。
そんな国内では一部の地域にしかいない魚ですが、ハスという魚の名前の語源や漢字の由来などについて紹介します。
 

スポンサードリンク

 


ハス・鰣という魚とは?名前の語源

■ハスとはどんな魚?

コイ科の一種で、原産は琵琶湖の淀川水系と三方湖。現在はもう少し広範囲に分布しています。原因は放流する魚の交じって広まったといわれています。
 
外見はオイカワに似ているが、ハスの方が大きく成長する。毎年6~7cmづつ成長して、成魚の体長は約30cmくらいまで大きくなります。
 
通常コイ科の魚は藻などの草食ですが、このハスは例外で小魚や稚魚と主食としているのが特徴。
 

■ハスの語源

・「湖魚考」という江戸時代に書かれた本にハスが語源が登場しますが、これが現在のハスの名前の由来と言われています。「鰭(ひれ)ふりゆくこと早し、故に早子(ハス)という」つまり早く泳ぎ回るから「早子 = ハス」という意味になります。
 
・口の形が特徴的で、大きくて”へ”の字のような形をしていますが、これは小魚を捕食しやすくするための切れ込みがあるためです。
その大きな口という特徴から、中国では(中国にも生息しています)「真馬口魚」「黒竜江真馬口魚」などという呼称があります。
 
 

スポンサードリンク

ハス・鰣の漢字と名称

コイ目・コイ科・ハス属
 
漢字: 鰣・早子
学名: Opsariichthys uncirostris
英名: Three-lips
別名: ケタ・ケタバス
 

■ハスの歴史の話

・「和漢三才図会」には「身は円く、形、色、鱗、背は幾須に似ている」と紹介されています。
※幾須=キス(鱚)
 
・「大和本草」にも紹介されていて「琵琶湖に多し味よし」と記されています。
 
・江戸時代までは下々の食材、つまり下魚と伝わいわれていました。
  
  


ハス・鰣の産地と旬の時期

琵琶湖周辺にしか生息していない魚なので、関西地方以外では馴染みがありませんが、周辺地域では釣りの対象として人気がある魚です。
 
・旬の時期:初夏
・産卵期:5月~8月
・産地:京都・琵琶湖、福井・三方五湖
 

■ハスの料理

淡泊な味なので、シンプルに塩焼きや煮つけ、刺身で食べます。

・「淡水魚の刺身」は、現代では良くないということは知られているとおりですが、「ハスの洗い」という刺身に”近い”料理が伝わっています。
 
1、大きめのハスを選ぶ
2、3枚におろす
3、更に薄そぎ切りする
4、氷水にさらして、身が縮んだら上げて水気を切る
5、から酢しみそで食べる
 
・「ハスの田楽」は、赤みそ・料理酒・砂糖を塗って強火で焼きます。
 
 


最後に・・・

ハスは全国的には非常に珍しい魚ですが、元々肉食の魚は美味しいものです。
 
素早く動くコイの仲間のハスを”食べたい!”・”見てみたい!”という人は、是非琵琶湖やその北に位置する三方湖へお出かけください。
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。