ヒラメ・鮃とは左が表の扁平な魚 漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
81 ヒラメ・鮃とは左が表の扁平な魚Top 
 
ヒラメ・鮃という魚は、昔からカレイとの見た目や生息地が似ているので、それぞれ区別がつきづらい魚で有名でした。そんなヒラメは昔から味が良いことでも有名ですが、なぜヒラメとわれるのか、名前の由来や漢字の語源などについて紹介します。
 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

ヒラメ・鮃という魚、ヒラメの語源

■ヒラメとはどんな魚?

ヒラメ科の海水魚の一種。千島列島から南シナ海まで分布しているので日本全国で獲れ、水深10~200m付近までの砂泥底に生息する魚。
  
体長約40~80cm、扁平な体格をしている。稚魚の間は回遊していて目は体の両側にあるが、成魚になると両目が左側に移って、底で生息するようになる。
 
小魚・小さな甲殻類・イカ類などを捕食するため、水中を率先して泳ぎ回っている。
 

■ヒラメの語源

・平たく薄い魚だから「ヒラメ」という説
 
・目が並んでいるところから「比目魚」と書いて「ヒラメ」と呼んだという説
 
・平見え「ヒラミエ→ ヒラメ」になった説、
 
・カタヒラ(半平)に目(メ)があるからという説、
 
・ヒラ(左片)に両目(メ)があるからという説
 
 


ヒラメ・鮃の漢字の由来と歴史の話

カレイ目・カレイ科・カレイ属
 
漢字: 鮃・平目・比目魚・平魚・王餘魚
学名: Paralichthys olivaceus
英名: Olive flounder、Bastard halibut
別名: テックイ(北海道)、メビキ、バカガレイ、オオバス、オオグチカレ、ハタタガレ、ホンガレイ、マガリイワ
 
※鮃という文字は中国からきていて、平たい魚という意味。
 

■ヒラメの歴史

江戸時代にはすでにヒラメとカレイについて紹介されています。
「畿内、西国ともにカレイ」「江戸では大きなものをカレイ、小さいものをヒラメ、類同じくして種異也」など、その他にもいくつか紹介されています。種類が違うと認識されていましたが、正確に区物される方法はありませんでした。そのためヒラメについて文献が残っていないと考えられています。
 

スポンサードリンク

  


ヒラメ・鮃の産地と旬、ヒラメとカレイの違い

・旬の時期: 
・産卵期:
一般的には・・・2月~7月
日本海沿岸・・・5~6月
北海道周辺・・・6~7月
 
・有名な産地:
漁獲量が多いのが北海道、養殖量が多いのが大分県、陸揚げ量が多いのは青森県・八戸漁港
この様にヒラメの獲れる場所は全国に広がっているため、産地を絞ることができません。
 

■ヒラメとカレイの違い

ヒラメとカレイはよく似ているので区別をするときは「左ヒラメ右カレイ」といいます。そして、春夏に美味しいのがカレイ、秋冬に美味しいのがヒラメです。また”寒ビラメ”と呼ばれるカレイがいますが、これは冬に味が良くなるカレイのことです。
 
右と左の置き方は、黒い方を上、腹を手前において、目が左になるのがヒラメ、反対に右なるとカレイ。例外で「ホシガレイ」や「カワガレイ」の場合は、左に目にきます。
 
 


最後に・・・

ヒラメの表は茶色・濃い色のついた方で、裏側は白い。そして扁平なので”おろす”と、片側2枚づつと骨の「5枚おろし」になります。
これが他の魚のように普通におろした場合と大きく異なる点です。
 
また、他の魚と比べて”さばく”のに少し手間がかかりますが、身は刺身・寿司、縁側(えんがわ)や肝臓(キモ)は珍重され、フランス料理では定番の魚など、白身で味が良い食材の魚となります。
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。