ホウボウ魴鮄というカサゴ目の魚 漢字と名前の由来と語源辞典

   

  
89 ホウボウというカサゴ目の魚Top
  
ホウボウとはカサゴの仲間でホウボウ科の中では最大、そして味は昔から人気がある美味しい魚となります。そんなホウボウとは、深海魚の一種で珍しい名前ですが、なぜこのような名前で呼ばれるようになったのか、生態や生息環境などについて紹介します。
 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

ホウボウの生態とは?名前の語源

■ホウボウ魴という魚の生態について

ホウボウ科の海水魚で、北海道南部から南シナ海付近まで分布、浅瀬~水深約600m付近までの砂泥底に生息して、冬は南へ移動、春から夏頃に南から北へ移動する。
 
体長は約40cm、背は褐色の赤っぽい色、腹側は綺麗な青緑色に青の小斑紋、大きくて四角く硬い頭と、大きい胸ビレが特徴。また、浮袋を鳴らして鳴いているように聞こえるのが、もう一つの特徴。
 
主に砂泥中の甲殻類のエビ・カニ・シャコなどや、ゴカイ類などを捕食する。
 
 

■ホウボウの語源

・カナシガラに似ているところから作られた文字「*ホウボウ漢字」を「ホウボウ」と呼んだからという説
 
・ホホホネウヲ・頬骨魚という意味でホウボウという説
 
・這う魚という意味と魚名の語尾で、「ハウボウ→ ホウボウ」とういう説
 
・浮袋でなく音「ホウホウ→ ホウボウ」という説
 
・頭が角ばっているので「方頭魚・方帽」→ 「ホウボウ」という説
 
・この魚の角を炙って食べると「芳香」あるから「ホウボウ」という説
 
 


ホウボウの漢字と各名称、ホウボウと日本の習慣について

カサゴ目・ホウボウ科・ホウボウ属
 
漢字: 魚 + 方、魚 +沸 (さんずい無し) 
学名: Chelidonichthys spinosus
英名: Gurnard、Red Gurnard、Sea robin
漢名: 緑鰭魚
別名: 
カナガシラ・カナンド・ホコノウオ・ガランド・ギス・ホウホウ・キミヨ・キミウオ・サブローシ・ドコ・コト・コウボウ・ウンブ・キンツ・ホコノハなど、別名多数有
 
 

■ホウボウと日本の歴史

・外見が「赤い鎧兜」を付けた武士の姿を連想させるので、祝い事や年中行事にタイ(鯛)と同等のおめでたい魚として扱われてきた。生後100日~120日に行われる儀式の一つ「*箸初め」に、尾頭付きで用いられる魚。
 
・新潟地方付近の呼称「キミヨ」のの語源は、この地の藩主が好んでいたため「君主の魚」から「君魚= キミウオ→ キミオ」となったといわれています。
 
※箸初めとは・・・生まれてはじめてご飯を食べさせる儀式のこと。丁度この頃歯が生え始めるころでもあります。
  

スポンサードリンク

  


ホウボウの産地と旬の時期

・旬の時期:12月~4月頃、主に冬
・産卵期:春~夏頃、北の地方で産卵
・有名な産地:この魚の漁は行われていない。釣り・底引網などで獲れる魚
 

■日本でのホウボウの利用方法

ヒラメやカレイなどの底引き網漁で一緒に獲れるのがホウボウ。その他、釣りで人気があるので、堤防や船からルアーや餌釣りの対象となっている。
 
ホウボウ科の中では最も大きな種類で、焼き・刺し・煮は勿論、揚げ物、鍋物、干物、そして骨や内臓まで食用として需要がある魚。
 
 


最後に・・・

ホウボウは釣りの対象魚なのと、底引き網で獲れると紹介しましたが、陸揚げされたホウボウは市場に仕入れられます。
 
特に千葉県の中央卸売市場、岩手県の宮古市場、東京の築地でよく取引されているほか、近年、横浜市中央卸売市場では毎日のように取引されるようになりました。つまり昔の高級魚から、現在は一般的な魚へと立場が変わっています。
  
  
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」「たべもの語源辞典 東京堂出版」
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。