ホシガレイ・星鰈という最高級魚の漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
93 ホシガレイ・星鰈という最高級魚Top
 
 
ホシガレイ・星鰈はカレイ科やヒラメ科の魚の中でも最も高級と言われていて、一部では鯛よりも価値が高いといわれています。漁獲量が少なくて減少しているホシガレイですが、どんな魚なのか、生態や名前の由来、地方の名称などについて紹介します。
 
 

スポンサードリンク

  


ホシガレイ・星鰈のの語源・由来

■ホシガレイ・星鰈の生態とは?

ホシガレイ科の海水魚で、関東付近の緯度から南の日本、朝鮮半島、東シナ海北部付近などの沿岸部の、浅い場所~水深約100mくらいの砂泥底に生息。成長すると体長約60cm、重さ約4kgになります。
 
特定の産地や養殖は行われておらず。定置網、底引き網など、他の魚と一緒にかかることがあるが、個体数が減少しているという悩みもある。ただし、放流は行われていて、ある程度一定数のホシガレイをとることができているが、その反面、放流物は天然より味が劣るともいわれている。
 

■ホシガレイ・星鰈の語源

ホシカレイの鰭(ヒレ)裏側には、黒い斑点が星のように散らばっているような見た目から「ホシガレイ」と名づけられた。
 
 


ホシガレイ・星鰈のの漢字と名称

カレイ科・マツカワ属 ()
 
漢字: 星鰈
学名: Verasper variegatus
英名: Spotted halibut
別名: ヘエジガレ・ヤマブシガレイ・タカッパ・アマガレイ・ムギカレイ・ハダカガレイ・マッカ・ヤイトガレ・ヤイト・キビガレ・アマテビラ
 
星鰈の漢字は、見た目そのままのとおり、「星」のような斑点のある「鰈」が合わさって「星鰈」
  

スポンサードリンク

 


ホシガレイ・星鰈のの産地と旬の時期

・旬の時期:
産卵前の秋~晩秋という説、鰈の旬は冬という説、初夏~夏という説に分かれている。
地域によって産卵時期が異なりますが、産卵前か子持ちの時期が食べごろです。それぞれの地域に合わせると良いでしょう。
早い場所で春、通常は初夏~夏、遅いところで~秋頃が旬となります。
 
・産卵期:12月~2月
 
・有名な産地:関東太平洋沿岸でとれた築地、長崎県島原、紀伊半島周辺
 
・漁獲量が少なく、味が良いことからカレイ科の中でも高級な魚として扱われている。また、鯛より高価とされ、春ころから味が良くなる。
 
・すしのタネ、刺身、煮つけ、揚げ物など幅広く料理に用いられている。
 
 


最後に・・・

味がよくて、高価な魚なので「海のダイヤモンド」と呼ばれるほど、市場の希少価値が高い魚と紹介しましたが、その調理方法はほぼ全ての方法で楽しむことができます。
焼き、刺身、煮魚、揚げ物、汁物の出汁、アラ料理など、多種多様に楽しむことができます。
 
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。