ホッケ・は花のように綺麗な魚?漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
98 ホッケは花のように綺麗な魚?Top
出展:「フォト蔵」
 
 
ホッケは秋から冬が旬ですが、春頃も脂がのっていて美味しい魚です。この魚は寒水地帯に生息するので北の海で多く獲れますが、傷むのが速い魚なので下魚として扱われてきました。そんなホッケの生態や名前の由来、漢字の語源などについて紹介します。
 

スポンサードリンク

 


ホッケ・の語源・由来

■ホッケ・とはどんな魚?

アイナメ科の海水魚の一種で、対馬から北の日本海、茨城県から北の太平洋から千島列島周辺まで、中国黄海付近に分布している。
 
日本では、北海道で最も多く獲れ、沿岸部から沖の水深100mの岩礁地帯に生息していて、主に小魚、甲殻類、イカ類、二枚貝などを捕食する。
 
体型は、紡錘形で体長約30~50cm、体側に線が5本入っていて、尾びれは二股。暗褐色~暗緑色をした出世魚である。
 

■ホッケ・の語源

・「北方の魚→ ホッケ」という説
  
・「北魚」と「ケ=魚」が合わさって「ホッケ」と言い右折
  
・北海道開拓時代、僧侶が説いていた「法華経→ 法華→ ホッケ」という説
 
 


ホッケ・の漢字と名称

カサゴ目・アイナメ科・ホッケ属
 
漢字: 
学名: Pleurogrammus azonus
英名: Arabesque greenling、Okhotsk atka mackerel
別名: タラバホッケ・ホッキ・ロウソクボッケ・ドモシジョウ・ボッケア
 

■漢字の由来

・「」という漢字は、海面の表層で綺麗な青緑色をした、群れて泳ぐホッケの幼魚が花のように見えるからという説
 
・産卵期のオスは体表の色が変化する。この色が綺麗な花のような唐草模様だからという説
 
いずれにしても、花のように綺麗な色をした魚だから、「魚+花= 」という漢字が作られた。
 

■出世魚・名前の変化

アオボッケ(稚魚)
 ↓
ロウソクボッケ(稚魚~1歳)
 ↓
マボッケ(1歳~沖から沿岸に寄るもの)
 ↓
ネボッケ(岩礁地帯に定着)
 

スポンサードリンク

 


ホッケ・の産地と旬の時期

・旬の時期:晩夏~秋
・産卵期:9月頃~2月頃
・有名な産地:北海道周辺 
 
北に行くほど産卵が早い 
岩礁地帯のくぼみや石の間に産卵、オスが保護している
 

■ホッケ・の活用

・秋の焼き魚として定番
 
・冷凍すり身の原材料の一つ
 
・日本の漁獲量の約90%を北海道が占める。底引き網、定置網で獲れる他、磯釣りの対象として人気。漁獲量の減少とともに、価格が上昇してやや高価な魚となりつつある。
 
・基本的に1年中入荷されている魚だが、旬の冬には入荷量が急激に増える。
 
・脂分を身に多く含んだ魚なので足が速い。鮮度と味の低下が非常に速いので、昔は下魚と思われていたが、現在は冷凍。冷蔵技術の発達により良い鮮度を保つことができるので、非常に味の良い魚として知られている。
 
・新鮮な場合のみ刺身で食べることができる。脂が多いので焼き魚として最適。鮮度が落ち始めた場合は煮物でもいけるが、身が柔らかいので煮崩れし易いのが難点。
 
 


最後に・・・

旬は秋~冬と紹介しましたが、ほぼ1年中獲れる魚です。北海道の石狩地方、宗谷・網走地方、十勝・釧路地方、日高地方など全域で獲れて獲れます。
 
旋尾線虫(せんびせんちゅう)やアナサキスといった寄生虫がいるので、生で食べるときは注意が必要。鮭同様、最低-20℃で48時間以上冷凍して駆除すること。
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」「たべもの語源辞典 東京堂出版」
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。