父の日のサプライズには何が喜ばれる?奥の手の贈り物とは?

      2016/05/10

 
父の日に何を贈ろうか?何をしたら喜ばれるか?何歳になっても子供から父親への贈り物は難しくて困りますよね。
しかも、どうせ何かを贈るのだったら驚かせたい!と思うのは良くある心境です。そんな父の日のサプライズプレゼントのオススメを紹介します。
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

父の日にはサプライズでレストランそれとも手作り料理?

父の日にサプライズで贈り物と言えば聞こえはいいんですけど、実は簡単じゃないんですよね。何が難しいかというと、形に残るもの”は既にいいものを持っているんです。
更に難しいのは、母親が既に色々プレゼントをしていたり、プレゼントで対抗意識を持たれたりする人もいるんです。
また、会社の人達から色々なイベントでちょっとした物を貰っている場合もあります。
  
しかも、いくら子供だからといっても、際限なく、何でも高級品を贈れる訳じゃないですよね。そう、プレゼントを贈る側にも財布の都合というものがあるのが”最大の問題”なんですよ。
  
  
一番ストレートな方法、喜んで貰えて、サプライズにもなるのが「食事」でしょう!毎日一緒に食べている、という人もいると思いますがちょっと工夫してみてください。
 

〇「外食」へご招待!

良くある話ですが、捻りがなさそうな分、ストレートに喜んでもらえるんです。しかも父の日がお父様の仕事の日なら、会社帰りにレストランにご招待をすると驚かれるのではないでしょうか。
または、お父様お気に入りの、会社近くのお店を紹介してもらって、家族が一緒に夕食です。勿論お支払いは、お父様にしてもらったらダメですよ。
何故仕事場近くや、会社帰りで外食するかというと・・・
 
・自分の子供に良くしてもらっている事を実感できる!
 
・子供や家族が自分のために何かをしてくれる事が嬉しい!

・子供や家族が一緒なのを他の人から羨ましがられる!
 (会社の同僚、行きつけのお店の人から羨望の眼差し)

・父親が仕事場のテリトリーを案内して、威厳が保てる!
 
 
お仕事がお休みの日なら、ちゃんとアポイントを取っておいて、お昼でも夕食でも食事にご招待するのもlいいですね。でも多くの父親は、「何を食べたいか?」と聞かれても「なんでもいい」とそっけない返事をする人が多いんです。
 
その理由は、「照れくさい」「子供に気を使ってもらいたくない(構ってほしいけど・・・)」「子供の世話をしたいけど、自分の世話はされたくない」「気持ちだけで十分嬉しい」など、様々な気持ちが入り乱れているんです。
だから、「なんでもいい!」の一言に”全てが集約”されているんですよ。決して投げやりだけじゃないんです。
 
 

〇「手作り」料理や「手作り」プレゼント

お父様がお仕事の日なら、「お弁当」!ただし通勤ラッシュで大変な思いをしている人も多いので、お弁当は嬉しいけど負担になっている場合もあるので、注意が必要です。
その点、「夕食」なら何にも問題ないですよね。流石にドックターストップがかかっているものはダメですけど、ちょっと健康に気を使う程度のお父様なら、この日ばかりは好きなもの尽くしなんてことも許されるでしょう!
 
例えば手作りで、「とんかつ&ステーキにラーメンライス」とか、「肉だらけの牛どんスペシャルに餃子定食」とか、「おつまみ系おかず三昧厳選10選」など、普段は”あり得ない”組み合わせでも、本人の好物をこれでもか!というくらい食卓に並べて一緒に食べるなんて、この日がチャンスですよね♪
 
 

スポンサードリンク
〇食事で大切なことは

父親に感謝している・尊重している・一緒にいることを喜んでくれている、ということを実感してもらうことが大切なんです。「食事さえ一緒にすればいいんだろ!」程度の気持ちで食事をするくらいなら、別に一緒に食べなくてもいいんですよ。
父親が嬉しいのは、”子供が喜んで自分といてくれる、何かをしてくれる”という行為がうれしいからなんです。
 
 
 

父の日のサプライズに旅行券は?

父の日なんだから、財布のひもを緩めて普段と違うことをさせてあげたい、と思う人にオススメなのが「旅行」です。
 
こんなプレゼントをする人は、仕事をしている人くらいしかできないでしょうが(アルバイトでお金を貯める人もいるでしょう)、家族揃って出かけられればベストです。
でも、そこは時間の都合や財布の都合上、なかなか難しいという人が多いと思います。
だからせめて、夫婦で1泊温泉旅行をプレゼントくらいなら、家族で外食するのと大差無いのではないでしょうか?
 
いきなり父の日に、サプライズで旅行券をプレゼントされれば・・・・それはもう、当然驚くしかないですよね♪
 
 
 

父の日の奥の手のプレゼントは趣味もの!

基本、父の日にサプライズで形の残るものを贈るのは難しいことなので、形のあるものはサプライズでなくて普通の贈り物なってしまいます。
そこで、喜んでもらうとう部分に重点をおいたサプライズプレゼントは「趣味」に関係したものでしょう。例えば・・・・、
 
・ゴルフ好きのお父様ならゴルフグローブ(利き手は調べてくださいね)
・釣りなら、釣りブーツケース、カラビナ付きのニッパー(糸を切るのに使用)
・ハイキング好きなら、汗ふきも兼ねてバンダナセット
・ドライブ好きなら、お出かけ先などラフに使えるサングラス
 
こんな具合にちょっとした小物や身に着ける消耗品などは”非常”に喜ばれますよ。しかも消耗品ならすぐに使ってもらえるし、「おっ、こいつ知っているな!」と自分の趣味を理解してくれている気がして嬉しいんですよ。
 
気を付けてほしいのは、ゴルフクラブその物とか、釣り竿その物など、メインの道具にはこだわりがあるので避けてください。もしどうしても新品のドライバーとか、新品の釣り竿などを贈りたい!と思うなら商品券などにした方が喜ばれるでしょう。
なぜなら、このような趣味を持った人は、自分が気に入ったものしか使いたくないという傾向にあるので、気に入ったもの以外の物を貰ってもうれしくないんです。(我儘ですよね)
 
でも、商品券や一緒に買い物に行くとなると、サプライズではなくなるでその辺はお任せします。
 
 
 

最後に、父の日のサプライズについて

さて、サプライズで贈るものについて紹介してきましたが、どれもありきたりに思われたかもしれないですね。「ありきたり」そこなんです!よくある事からちょっと視点をずらしたところにサプライズが潜んでいるんです。

お父様は、すでに必要なものは一通り持っているし、安っぽいものは仕事では使いずらい、お金を使う贅沢も子供ができる範囲ではあまり興味ないんです。
父親がいつまでも一番うれしいのものは、”子供から貰える気持”ちなんですよ。だから、一緒に過ごす・一生懸命自分のために何かをしてくれた・自分の楽しみを理解してくれているなど、アイデアと気持ちで勝負してくださいね。
 
それでは、父の日には思い出に残るようなことをしてお楽しみください。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。