マナガツオ・真魚鰹はマナガツオ科の魚 漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
110 マナガツオ・真魚鰹はマナガツオ科の魚Top

 
マナガツオ・真魚鰹という魚がいますが、スズキ目サバ科のカツオ・鰹に属しているのではなく、スズキ目マナガツオ科属している魚のことです。
また姿かたちも私達が知っているカツオとは縁遠い種類なんです。このマナガツオの名前の由来や語源などについて紹介します。


 
スポンサードリンク

 


マナガツオ・真魚鰹の語源・由来

■マナガツオ・真魚鰹

マナガツオ科の海水魚で本州中部付近から南、黄海、南シナ海に分布していて、沿岸部のに生息、岩礁や砂泥底の水深約10m~20m付近に産卵する。
 
体長は約60cmで、正面から見ると縦に扁平、横から見ると丸みのある菱形をしている。背びれと尻ビレの基底が長くて、鎌のような形をして先端は尖っている。また、腹ビレがないのが特徴的である。
 
 

■マナガツオ・真魚鰹の語源

・味が良いことから親愛の意味として「マナ」という説
 
・「マサカツオ・方堅魚→ マナカツオ」という説
 
・これこそ本当ノカツオだという真の名前というところから「真名・マナ→ マナ+カツオ→ マナカツオ」という説
 
・瀬戸内海ではカツオがとれないので、初夏に採れるこの魚を初カツオに見立てて「真似(まね)かつお」→ 「マナガツオ」という説
 
 


マナガツオ・真魚鰹の漢字と名称

スズキ目・マナガツオ科・マナガツオ属
 
漢字: 真魚鰹
学名: Pampus punctatissimus
英名: Haevest fish, Silver pomfret, White pomfret
別名: ギンダイ・チョウキン・メンナ・カツオ・マナガタ・フーイチャー
 

■マナガツオの種類

スズキ目マナガツオ科
マナガツオ属
→ マナガツオ
→ シナマナガツオ
→ コウライマナガツオ
 
ストロマテウス属
→ ゴマシズ
→ ホシゴマシズ
 

■マナガツオの歴史の話

・「大和本草」には「京都付近に多く良い魚である」、「和漢三才図会」には「刺身にするといい」、「魚鑑」には「糟魚となし遠へおくる」など価値の高いもしくは良い魚であるといった内容が記載されている。
 
・中国では、マナガツオは薬になるとして扱われていた。
 
・五労七傷といって、疲労回復やお腹の中の虫を消すといわれてきた。
  

スポンサードリンク

 


マナガツオ・真魚鰹の産地と旬の時期

・旬の時期: 瀬戸内海6月~7月頃、東シナ海では冬
・産卵期: 6月~7月
・有名な産地: 瀬戸内海から南
 

■マナガツオの利用などについて

・味噌漬けや干物などの加工品にする原材料に多く使われる
 
・関西では市場に出回るが、関東から北では滅多に入荷れない種類の魚。
 
・関西では高級魚、関東では価値の低い魚であるが、味が良いことで知られている。
 
・身は西京漬けが有名、中骨は乾燥させて油で揚げる、蒸し焼き、唐揚げ、照り焼き、煮物の他、新鮮なものは刺身にして食べることもある。因みに、白身でたんぱくな味をしていて、クセがない。
 
 


最後に・・・

名前はカツオに似ているが、別の種類となります。近縁の魚といっても、マグロとサバと同じ距離の違いが、このマナガツオとカツオの間にはあります。
 
またシマガツオの釣りの外道として、このマナガツオが釣れることが多い。
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」「たべもの語源辞典 東京堂出版」
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。