海釣りの上げ3下げ7とはどんな潮の状態?釣れるときの条件!

   

 
126 海釣りの上げ3下げ7とはどんな潮の状態?Top
 
 
釣りに行って、釣れるときと釣れないときがありますよね。自然が相手だから仕方ないんですけど、何か法則や条件があるはずですよね。
海釣りで絶対に外せない「上げ3分下げ7分」とはどんな潮のことなのか、釣れるときの気象条件などに付いて紹介しますね。
 
 

スポンサードリンク

海釣りの上げ3分下げ7分とはどんな意味?

折角釣りに行くのなら、事前準備は怠らず、情報収集にも力を注ぎたいものです。
海釣りの専門用語で「上げ3分下げ7分」を狙って釣れ!という言葉がありますが、どんな意味なのでしょうか?先ずは、この潮の狙い方の言葉について紹介しますね。
 

〇”上げ3分下げ7分”とは何の事

海釣りの専門用語の一つで、潮の満ち引きの釣れるタイミングの事です。「上げ潮3分」のとき、「下げ潮7分」のときが一番潮が激しく動くので、この時が一番釣れ易いときなんです。
 
また、毎日2回訪れる「満潮と干潮」の他に、「大潮・中潮・小潮」という月ごとに大きく潮が動く周期があります。その中でも大潮の日が一番の大きく潮が動くんです。
 
さて、ここで疑問が出てくると思います。
 

〇いつから潮3分?潮7分?

上げとは「満潮前の3分目?満潮に向かい始めてから3分目?」と、いつから見て3分目なのか疑問になります。そして下げも同じで「干潮前・後の7分目?干潮まで7分目?」と、頭がこんがらがりそうですよね・・・・・。
 
「満潮・10 ― 中間・5 ― 干潮・0」、「3分と7分」は、潮位の割合のことです。
・満潮潮どまり・・・満ち切って潮が止まった状態
・中間・・・中だるみ
・干潮潮どまり・・・引き切って潮が止まった状態
 
上げ3分・・・「干潮・0」から3割、潮が満ちたとき
下げ7分・・・「満ち潮10」から潮が引き始めて7割り(3割引き)のとき
 

〇時間に換算すると

満潮と干潮の間隔・・・約6時間おきに起こります。(1日に2回満潮と干潮)
上げ3分(干潮から)・・・6h x 0.3= 1.8時間後
下げ7分(満潮から)・・・6h x 0.3= 1.8時間後
 
つまり、潮が動き始めて「約2時間後」のことになります。
「干潮から満ち始めて約2時間後」
「満潮から引き始めて約2時間後」
 
このことを「上げ3分、下げ3分」と言います。
そしてこの、潮が動き始めて2時間前後くらいが、魚が最も活発にエサを食べるときなんです。
だから、釣り慣れした人たちは普段から「潮見表」に目を通したり、釣りの日の潮の時間を調べているんですよ。

因みに、潮が動き始める頃から一番活性する2時間後と、2時間後~1時間くらいが釣れる時間帯なので、「満潮と干潮」には竿を出す(釣りを始める)ようにしてくださいね。
 
  

スポンサードリンク

  

海釣りで釣れる条件とは?

海で釣りをするときは、いくつか釣れる条件というものがあって、この条件さえ揃っていればある程度は釣れるはずです。
 
その1、上げ3下げ7
先程ご紹介した、潮の満ち引きのタイミングを合わて釣りに行って下さいね。
狙い目の時間は、「満潮~2時間」「干潮~2時間」くらい!
潮見表を活用して、釣りに行く日の狙い目の時間を調べること!
 
 
その2、朝まずめと夕まずめ
日の出前後の1~2時間、日の入り前後の1~2時間くらいに釣れるといわれて、「まづめどき(間詰時)」と言います。
 
特に川や湖で釣りをするときは、この「まづめどき」が一番釣れる時間帯なんです。でも、海釣りではそれだけでは釣れません。
「狙う魚次第」
「釣りに行く時期次第」
 
一部の海の魚には、まづめどきに釣れる種類もいます。
魚の習性を調べてから狙ってくださいね。
 
 
その3、小波があるとき
海が凪いでいるときは、小波が立っているときより釣れません。俗にいう「ベタ凪ぎ」という、海面が鏡のように真っ平のときは、魚が警戒してエサを食べないんです。
 
※波の判断は長年の経験が必要なんです。例えば漁師さんのように毎日海に接していないとわからないですよね。何度も釣りに行って経験して覚えてください。
 
「海が凪いでいない日」の方が釣れやすいですよ!
 
 
その4、時期と水温が合っているとき
魚の種類はによって、それぞれ活発になる時期や、遠洋から陸地近くに寄って来る種類、深場から浅い場所へ移動、その反対に浅い場所から深場へ移動する種類など様々です。
 
「暖かくなると釣れる魚?」
「寒くなると釣れる魚?」
「旬の時期に釣る?」
 
それぞれ、低い水温を好む魚、暖かい水温を好む魚なのか、種類ごと「いつが一番活性する時期なのか」を調べてから釣りに出かけてくださいね。
また、種類によって黒潮に乗って日本の沿岸に来る種類や、寒流と一緒に北から日本の沿岸に来る種類もいるんです。
 
 
5、水の濁り具合
ある程度水が澄んでいる方が「エサ」がよく見えて釣れる場合と、少し濁っている方が釣れる場合があります。基本的には「やや濁っている方が」魚の警戒心が低くなるので、エサに食いつきやすくなって釣れることが多いです。
 
 
6、気圧が下がったとき
海が荒れるときは深場や岩陰や穴の中に隠れます。いつエサを食べられるか分らないので海が荒れる前に”荒食い(食べ溜め)”するといわれています。
科学的根拠はありませんが、天気の崩れ始めに沢山釣れた!(釣り用語で爆釣)という経験をした人が多いんです。
 
詳しくは別記事を参照してください→ 「低気圧がくると釣れる?
 
 
 

海釣りで釣れない時は?

ある程度「時間・場所・潮」を自分で調整して釣ることができますよね。
勿論これらの状況も予想できます。
 
ポイント・・・釣れる場所
時間・・・間詰どき(時間)・潮が合っている(潮)
 
それでも釣れないときがありますよね。
 

〇何とか釣ろうとしても・・・・

釣り慣れしていない時に「何が何でも1匹は釣って帰るゾ!」と頑張る人がいますが、
釣れないときは、魚が食べる気がない、そこにいないのだから粘っても釣れるはずないんです。
そんなときは「釣れるタイミング」が来る、揃うのを待つしかないんです。
 

〇みんな(周り)が釣れているのに自分だけ釣れないとき

釣れる条件は揃っています。そんなときは仕掛けが合っていないかも・・・
・狙っている魚用の仕掛けを使っていますか?
・針ある水深は釣れている人と同じ?
・餌は新鮮なもの?
 

〇コツは?

釣れるポイントを知るだけじゃなくて、それぞれ釣り場にあったエサも大切です。
エサと一緒にコツなど情報も入手してくださいね!
 
それぞれ釣り具屋さんでエサを購入するときに、「〇〇に行って、△△を釣るんですけど~」と、コツや情報を入手してから行くことをお勧めします。
釣りたい!けど、釣りに行く時期は、どこに行ったら釣れるかわからない!というときも釣具屋さんで、「この時期に釣れるお勧めはどこですか?」とさりげなく聞いて、そこにあったエサや仕掛けを買うといいですよ。
 
 
 

最後に・・・

週末に釣りをするのが大半の現代人には、全ての条件が揃えて釣りに出かけることは難しいですよね。だから、いくつかの条件を揃えれば釣れる確率も上がるというものです。
 
海釣りに行くときは「潮を合わせる」「時期を合わせる」「天候を合わせる」「魚を調べる」など情報収集をしてくださいね。
 
それでは、これからも釣りをお楽しみください!
 
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。