ザリガニ・蜊蛄はエビ目の一種 漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
129 ザリガニ・蜊蛄はエビ目の一種Top

スポンサードリンク

 
ザリガニとはエビやカニなど甲殻類・十脚目の仲間で、日本には淡水の種類のみ生息しています。また、ザリガニはエビと同等以上の高級食材として流通していますが、いつ頃から食用として扱われているのか、また名前の由来や語源や生態などについて紹介します。
 


 
スポンサードリンク

 


ザリガニ・蜊蛄とはどんな生き物・名前の語源と由来

■ザリガニの生態、どんな生き物?

甲殻類の一種で、十脚目(エビ目)ザリガニ下目の事。日本固有の種類は、東北と北海道の渓流を中心に川に生息しています。
 
体長は約5cm、大きいもので約10cmに成長。暗い緑色や青がかった灰色をしていて、エビのような円筒形の体に尖った三角の頭、カニのようなはさみが特徴。
 
卵から産まれるが、メスの胸付近についたまま成長して、成体の形をして産まれてきます。
 
 

■ザリガニの語源

・「いざる」ように歩くところから「イザリガニ→ ザリガニ」となったという説
※いざる・・・古い言葉で、座ったまま進むこと、膝立ちやお尻で歩くこと
 
・後ろに進むので、「去るように歩く+ カニに似たハサミ」があるので
 「去(さ)るようなカニ→ ザリガニ」という説
 
・砂利や砕屑質(さいせつしつ)の土壌にいるところから「じゃりかに→ ザリガニ」という説
※砕屑質・・・泥、砂、小石や砂などのこと
 
 


ザリガニ・蜊蛄の分類と漢字と名称

十脚目(エビ目)・ザリガニ下目、(ザリガニの総称)
 
漢字: 蝲蛄・蜊蛄・躄蟹 
学名: Astacidea Astacoidea/Parastacoidea
英名: Crayfish
別名: サルガニ、エビガニ、テクン、ベコル、ホロカアムシペ、ホロカレイェプなど
 

■ザリガニの種類

一言でザリガニと言っても相当な種類のザリガニが世界中に生息しています。
日本にいるザリガニの殆どが輸入され多種類ですが、1種類のみ在来のザリガニが生息。
次の通り、簡単に分類を紹介します。
 
ザリガニ上科
 → ザリガニ科
 → アメリカザリガニ科
  → アジアザリガニ属・・・日本のザリガニ
ミナミザリガニ上科
 → ミナミザリガニ科
 

スポンサードリンク

 


ザリガニ・蜊蛄の生息地と生活での利用

■ザリガニの有名な産地

日本の固有種は東北地方と北海道にのみ生息していて、現在は「ニホンザリガニ」「ヤマトザリガニ」と呼ぶことで、他のザリガニと区別しています。
 
日本固有のザリガニの減少から、1934年に秋田県大館市が、ニホンザリガニの南限として「ザリガニ生息地の天然記念物」に指定されていています。
 
北海道、青森県、岩手県、秋田県の4県にのみ、日本固有のザリガニが生息。
 

■ザリガニの歴史と生活での利用

・薬としての効能
江戸時代末期、西洋医学が日本に広まりだした頃、「オクリカンキリ」という脱皮するザリガニの首付近にできる石灰質の塊が、結核や水腫れや利尿剤として用いられていました。
 
・「魚鑑」「天塩日誌」にはザリガニは味噌が好みと紹介されています。
「みそ汁をそそけは、むらがりくるとなり」
「味噌を一滴其流れに投ぜしや、小石の間より数十疋出て、其味噌を喰いに群がりけるを取て~」
 
・食用としてのザリガニ
煮、焼き、茹で、てんぷらなど、エビとほぼ同じような食べ方ができる。また、フランス料理の食材の一つで、同じ大きさのエビよりも高い値段で流通している。
 
ただし、寄生虫がいるので火を通さないと食べることができない。また、殻ごと食べるときは「高温220℃」以上の油で揚げるといわれている。
 
また3日~数日間、真水で泥抜きをしないと臭みを抜いてから調理が必要。
  
・エサとしてのザリガニ
鯛やブラックバスなどの釣りの餌として養殖されている。他の肉食の魚のエサとしても活用できる。
また、ザリガニ釣りをする場合、スルメは定番だけど、さばいてザリガニの尻尾でも釣ることができる。
 
 


最後に・・・

3種類のザリガニが日本に生息しています。昔は田んぼや小川などの土の中にいて、簡単に捕れる身近な生き物でした。
 
外来種類のザリガニ、日本固有のザリガニともに自然繁殖しているものが減っていますが、需要があるため養殖が盛んにおこなわれています。
 
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」「たべもの語源辞典 東京堂出版」
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。