ヤリイカ・槍烏賊はヤリイカ科の生物 名前の由来と語源辞典

   

 
30 ヤリイカ・槍烏賊はヤリイカ科の生物Top
 
 
ヤリイカ・槍烏賊とは、見た目を直訳したような、呼び名も姿も細長くて、先が尖っているところから名付けられた海の生物です。
名前や漢字の由来は想像がつきますが、どんな生態をしていて、どのようにして捕られているのかなど、ヤリイカについて紹介します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


ヤリイカ・槍烏賊はどんな生物?名前の語源と由来

■ヤリイカ・槍烏賊の生態・どんな生物?

ジンドウイカ科というイカの一種で、北海道~南西諸島付近の日本海沿岸、朝鮮半島、中国東側に分布。
 
外套の長さは約40cm、細長いひし形のヒレをしているが、腕と触腕は短くできている。
 
沿岸部の岩礁地帯、海藻、海底などに産卵する。この時、数十粒くらいの卵が入った「長さ7m前後で1cmくらい」の太さをしたゼリー状の袋に産み付ける。
 

■ヤリイカ・槍烏賊の名前の語源

・細長くて、先が尖っている姿が「槍に似ているからヤリイカ」と呼ばれています。
 
・日本語同様、英語でも「ヤリイカ= スピア・スクィッド(槍・イカ)」と呼ばれています。
 
 


ヤリイカ・槍烏賊の名称と捕獲・活用方法

頭足網・閉眼目・ヤリイカ科
 
漢字: 槍烏賊
学名: Heterololigo bleekeri
英名: Spear Squid
別名: ササイカ、サヤナガ、テナシテッポウ、シャクハチイカ、ツツイカ 
 

■ヤリイカの捕り方と利用

産卵をするため沿岸に寄ってきます。浅い沿岸に寄ってきたところを定置網でとります。また、同じ時期沿岸部に寄ってきたとき釣ることもできます。
 
ヤリイカは沿岸近くで捕れるため、鮮度を保ったまま氷の蔵に入いって水揚げされたり、生きたまま鮮度を保って入荷することができます。
そのため、「刺身」やすしのネタに多く利用されますが、干した「竹葉するめ」「笹するめ」などに加工されて販売されています。
 

スポンサードリンク

 


ヤリイカ・槍烏賊の産地と旬の時期

・旬の時期: 3月~5月頃
・産卵期: 冬~春
・有名な産地: 九州の西・五島列島周辺
 

■ヤリイカの補足

釣り・・・時化(しけ)のあとの数日の間は群になる習性があるので、狙い目だといわれています。
煮物・・・イカを煮るとき、火を通しすぎると身が固くなるので気を付ける必要があります。
ワタ・・・足が速いので、すぐに氷詰めにする。鮮度の良いものは刺身や塩辛に使うことができます。
 
 


最後に・・・

イカの分類は多くはありませんが、種類は豊富で5つの目のうちの一つ「閉眼目=ヤリイカ目」、その中の一つにヤリイカ属に属しているのが「ヤリイカ」となります。
 
※ヤリイカの再分類
ジンドウイカ科→ ヤリイカ科に変更
 
コウイカ目
ダンゴイカ目
トグロコウイカ目
開眼目= スルメイカ目
閉眼目= ヤリイカ目
 → ヤリイカ属
 → ジンドウイカ属
 → フクロジンドウイカ属
 → ピックフォードイカ属
 → アオリイカ属
 
 
参考:「原色魚類大図鑑・北隆館」「魚と貝の辞典・柏書房」「たべもの語源辞典 東京堂出版」
 
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。