あんこうはどこの産地が有名?切り身の選び方と下処理の仕方!

   

 
138 あんこうはどこの産地が有名?Top
 
秋が深まると鍋で人気のあんこうが出回りますが、普通の魚と違ってさばき方が難しいので切り身で買うのが一般的ですよね。
そこでちょっと気になるのが、有名な産地はどこなのか、切り身の選び方は?下処理方法など、あんこうについて紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク

 

あんこうはどこの産地が有名?

あんこうは関東地方で多く食べられていますが、山口県や熊本でも人気があります。
そしてこんな言葉もあるんです。
 
「西のフグ・東のアンコウ」
 
このように呼ばれるくらい、関東地方では冬を代表する魚ですが、残念ながら関西周辺ではそんなに人気はありません。でも、更に西の下関や熊本でも沢山捕れる、冬を代表する魚の一種なんですよ。
 

〇日本でアンコウが捕れる有名な地域は?

・福島県いわき産
・茨城県大洗産
・千葉県銚子産
・山口県下関産
・熊本県天草産
 
日本海側でも有名な産地があります
山形県酒田産
新潟県糸魚川産
島根県浜田産
 

〇水揚げ量が多いのは?

関東周辺では消費量が多いので、少し離れた地域で捕って水揚げを関東周辺にしている場合があります。
また、一つの漁港で捕れるだけではありません。福島から千葉の太平洋沿いの全体で捕れているんです。
 
「福島、茨城、千葉」の、地域で捕れる量が日本一
「下関」は、日本一の漁獲量のある港
「糸魚川」といえば、アンコウ祭りが開催される程の名産地
「中国産」が多く輸入されていて、日本産の他に流通しています
 
アンコウを買うときの産地の目安ができたと思います。つぎは切り身を買うときの目安を紹介しますね。
 
 

あんこうの選び方にはコツがある?

〇アンコウの種類をチェック

「クツアンコウ」「キアンコウ」の2種類が食用の主流。
因みに、キアンコウのほうが美味しいといわれています。 
クツアンコウ・・・外見は灰褐色、口内は黒っぽい
キアンコウ・・・外見は黄褐色、口内は白っぽい
 

〇アンコウを買うとき、パッケージを手に取ったら・・・・

「皮」は艶のある黒い褐色したもの
「身」は弾力があるもの(触って確かめられるなら)
「身の色」は、ややピンクかかっていて透明感のあるもの
 

〇もし丸ごと1匹買うことがあったら・・・

・色や艶がいいこと
・胃の中に内容物が少ないかどうか
・肝が大きいか(手で探れれば)
・大きいものを選ぶ 10kg以上がベスト
 
※キアンコウの特徴は、口の中はやや白くて体は黄色と褐色が混じったような色をしています。
 

スポンサードリンク

 

あんこうの切り身の下処理の仕方は?

お鍋にするときにも一度下準備をした方が美味しく食べらるといわれています。
ちょっと手を加えるだけで美味しく頂けるんですよ。
  

〇切り身の下ごしらえ

簡単に説明すると、霜降りをして水洗いするだけ。
 
1、塩を振って約15分おいて水で流す
2、沸騰したお湯にアンコウを入れて、表面が白くなるまで
3、ザルに上げて流水で軽く洗いながら冷ます
4、具材と一緒に鍋で煮込んで完成!
 
※霜降りとは「塩を振る→ 熱湯に入れる→ 水で洗い流す臭みの原因は魚の血や脂などです。ヌメリと一緒に水洗いすることで匂いを落としてください。
 

〇アンコウの七つ道具とは?

他にも食べられる部分が沢山あります。そもそもアンコウとは全て食べられる、捨てる部分がない魚と言われているんです。
機会があれば食べてみてくださいね。
 
皮・・・裏側のゼラチン質
とも・・・尾ひれと胸ビレ
キモ・・・肝臓や内臓
エラ・・・ホオの肉
柳肉・・・尾付近の肉
水袋・・・胃袋
ヌノ(ヌレ)・・・卵巣
 
 

最後に一言・・・

今回は、食べる機会の多いアンコウの切り身について紹介しました。
スーパーでお買い物をするときなど、産地を調べる時や切り身の選び方などの参考にしてくださいね。
 
それでは、アンコウ鍋をはじめアンコウ料理を楽しんでください。
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の諸々話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。