集中豪雨の原因とメカニズムのなぜ?大雨災害の対策と備えは?

   

 
146 集中豪雨の原因とメカニズムのなぜ?Top
 
 
沢山雨が降ることを大雨といいますが、もう一つ、集中豪雨という雨の降り方がありますが、それはどんな原因と仕組みで降るのでしょうか?また、大雨が降って災害に見舞われる場合がありますが、対策や備えはどうしたら良いのか?などについて紹介します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク

 


集中豪雨の原因は何?

集中豪雨という言葉は、1980年代頃に新聞の報道で使われ始めた、割りと新しい言葉でなんです。
 
そして読んで字のごとく、大雨が集中して降ることだというのはご想像のとおり。
でも、具体的にはどんな現象のことなのでしょうか?
 

◇集中豪雨とはどんな現象?

次のような大雨を降らす現象のことを指します。
 
「多量の雨が短時間にまとめて降ること」
「狭い地域に多量の雨が集中してこと」
 
つまり、「短時間の間に、多量の雨が、狭い地域に発生すること」です。
 
 

◇集中豪雨という現象の規模と範囲は?

現象と言葉の内容は分かりましたが、どの程度の範囲に、どの程度の時間降ることなんでしょうか?
 
「多量の雨が、10km~200kmの範囲に降ること」
「多量の雨が、数時間~半日くらい降り続くこと」
 
これで、集中豪雨とはどんな現象と条件が、お分かり頂けたかと思います。
次は「どんな仕組み」なのか、メカニズムについて説明しますね。
 
  

スポンサードリンク

 

集中豪雨のメカニズムはどうなっている?

さて、大雨が降るからには、どこかから大量の水分がなければいけません。また、何かの条件でが揃って、上空に集められた水分が雨となって降ってくるはずです。
 
それでは、どんな仕組みで集中豪雨が起こるのでしょうか?
  

◇どの様な条件が揃うと起こる現象?

ここが問題なんです!なぜこのような現象が起こるのか?いつ起こるのか?などが分かれば、対策を練ることができますよね。
 
「大量の水蒸気がある」
「上昇気流が起こって、ある程度続くこと」
「水蒸気があって、上昇気流が起こりやすい地形」
 
上昇気流が起こるということは、熱い空気が上に上っているときに発生します。
大量の水分が水蒸気になるということは、海から運ばれてくると考えれば分かりやすいでしょう。
 
つまり、「太平洋で温められた空気が、水蒸気と一緒に上空へ上がること」となります。
 

◇この現象が起こる条件をもう少し詳しく!

この集中豪雨とは、上昇で水蒸気が上空に上がること、太平洋から運ばれてくること。
こいう条件を考えると、台風に似た現象なんです。そこで台風との違いを挙げると・・・
 
「範囲が広い」「多量の雨が半日以上降る」
 
 

◇どんな時に集中豪雨が起こりやすい?

過去のデータに記されているんですが、梅雨前線と秋雨前線が活発なとき発生しています。
 
台風が南から大量の湿った空気を運んでくる
 ↓
停滞前線に流れ込む
 ↓
停滞前線が活発になって大雨になる
 
つまり、夏前と秋に集中豪雨が「停滞前線と台風」の影響で多発しやすいんです。
  
これが「集中豪雨」の仕組みなんですが、実はまだ、これ以上の詳しいメカニズムは解明されていません。そして、集中豪雨になると必ずと言っていい程、よく耳にする言葉「大雨災害」があります。
 
 


大雨災害の対策と備えはどうする?

集中豪雨、台風など大雨が降る影響で災害が起こる場合があります。
河川の氾濫による洪水、土砂崩れ、浸水など・・・
 
そして、大雨による災害が起こりやすい条件が3つあります。
1、狭い地域に、短時間に、多量の雨が降る
2、雨が降り続く
3、雨が続いているときに集中豪雨は発生する
 
様々な理由で雨が降り続いたり、突発的に降りますが、3番目の「雨続き+ 集中豪雨」の時が最も多く災害が発生しているんです。
 
だから、災害に備えるときや、雨による災害を警戒するときは、注意報や警報や避難勧告が出ていようがいまいが関係ありません。
 
 
こんな時には、避難する準備や、周囲を警戒して下さいね。
 
1、「停滞前線」があるか、「雨が降り続いた」というときに注意する
2、追加で「台風が発生」したか、「雨を降らす低気圧」が近づいてきたかなどを確認
 
 
一番の情報源は天気予報。テレビや、インターネットの気象庁などからチェックするといいですよ。
  
  


最後に・・・

天気予報は、あくまでも予報であって、確実に予報通りにならないのはご存知の通り。勿論、予報が当たる確率は上がっているし、研究も進められていますが、「自分でも」天気を見て、災害に備えるということも大切です。
   
それでは、遊び気分でも構わないので、毎日天気図や天気予報を見て、天気を予想してみたくださいね。
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 天候・天気