注意報と警報は地域によって発表基準が違う?防災気象情報とは?

   

  
148 注意報と警報は地域によって発表基準が違う?Top
 
様々な気象災害による注意報や警報がありますよね。その中でも大雪、大雨、土砂、波浪、大風などはよく耳にすると思います。
でも、この注意報や警報は地域によって基準が違うことをご存知でしょうか?それでは、なぜ?どんな違い?があるのか紹介します。
 


 
スポンサードリンク


注意報と警報は地域によって違う?

天気予報などで発表される注意報や警報は、「気象災害が発生しそうだ」と予想されたときに発表されます。勿論、この発表には基準が設けられていて、日本各地にある気象台が、過去の雨や風のデータを調査して基準を決めています。

この基準のことを「警報・注意報発表基準」といいます。
 

◇地域のよって基準が違う?

各地の気象台のある場所によって、観測データが違うんです。例えば、日本海側の町では10cm~20cmの雪が積もることはよくありますが、東京で5cm積もっただけで都市機能が停止して、大騒ぎになりますよね。
 
雨や風も同じで、偏った気象条件が多く発生する地域と、滅多に起こらない地域によって「基準」が変わってくるんです。
 
だから「地域によって基準が異なる」ということが起こるんです。
 
 

◇同じ県内でも天気が違う場合は?

当然、同じ都道府県内で天気が違うことはよくある話です。例えば、東京の海側と山側では気温や雨の降り方が違います。他にも、京都市内と京都の日本海側で気象状況は大きく変わってきます。だから当然、他の地域でも同じことが言えますよね。
 
そこで、更に細かく地域を分けたこと、県内の東部と西部、南部と北部、浜通り・中通りのようなことを、「細分区域」と呼びます。
 
 
でも・・・・肝心の基準内容はどうなっているのでしょうか?
  
 

スポンサードリンク

 


注意報と警報の発表基準とは?

今度は、発表基準と各地の基準の違いの例を紹介しますね。
 
雪に備えている町では、多少降り続いたくらいでは「災害」は起こりません。
 
また他の町では、多少大雨が降ったくらいでは、洪水や土砂くずれなど「災害」が起こりずらい、という地域もあります。
 

◇地域ごとの警報と注意報の基準は?

大雨警報
東京: 50mm/1時間、80mm/3時間、150mm/24時間
青森県:40mm/1時間、80mm/3時間、140mm/24時間
 
暴風警報
東京: 25m/s
青森県:陸上18m/s、海上25m/s
 
大雪注意報
東京: 都心5cm、多摩西部10cm
青森県:平野部20cm、山沿い30cm
 
大雪警報
東京: 都心20cm、多摩西部30cm
青森県:平野部50cm、山沿い75cm
 
この他に、細かく注意報や警報に種類があって、その警報にももう一段階「特別〇〇」という、十年に一度の大雨や台風、大雪の場合などに使われる言葉があります。
 
 


防災気象情報とは何のこと?

更に、時間と場所を絞って観測している間に、気象災害が発生する恐れがあると、気象庁から発表される「防災気象情報」があります。これまでに説明してきた注意報や警報も、勿論、防災気象情報の一部となんですけど。
 
この「防災気象情報」は段階を経て発表内容が詳しくなるんですが、大まかな流れについて説明しますね。
 

◇例えば大雨の場合

1、前日、前々日に「全般気象情報」というものを発表します。
「明日は〇〇地方・地域で1時間に50mm以上の大雨の恐れがあります」のような発表の仕方になります。次に地方ごとの雨の度合いについて発表
 
2、当日、予想通り雨が降り出して、大雨になりそうな気配があると「大雨注意報」を発表
 
3、雨が強まって災害が予想されると「大雨警報」が発表
 
4、大雨警報は発表されると、細かく情報が発表されるようになります。大抵はここまでで、雨が収まるか、小規模の災害が発生します。
 
5、数十年に一度といわれるくらいの大雨
稀に歴史的な大雨や、数十年に一度あるかないかといわれるくらいの大雨になることがあります。
 
このような大雨の警報の時は、先ほどご紹介した「特別大雨警報」が発表されて、実際に大雨になったら、「記録的短時間大雨情報」も発表しながら、一層の警戒をするように情報が伝えられるんです。
 
 
※情報源はTVの天気予報や、インターネットの気象情報、気象庁のHPなどを参考にするといいでしょう。
 
 


最後に・・・

これで、注意報と警報のタイミングや内容の違いなどがお分かり頂けたかと思います。
  
でも、あくまでも地域ごとの発表なのと、前日や当日にならないと詳しく発表できないという、マイナス面もあります。更に細かく「街」単位で警戒するには、外の天気と気象庁の発表を参考にするしかありません。
 
それでは、雨が続くときや、雪の予報の時には、豆に天気をチェックして安全に過ごせるようにしてくださいね。
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 天候・天気

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。