ロールキャベツの爪楊枝を使わない巻き方と海外風の作り方!

   

  
150 ロールキャベツの爪楊枝を使わない巻き方と海外風の作り方!Top
 
 
ロールキャベツは春から夏の料理という意見と、冬の料理という意見がありますが、肉厚で固めの冬キャベツは火を通して食べるのにおすすめです。
そこで、綺麗に巻いて形を崩さないように火を通す方法、そんなロールキャベツの巻き方について紹介します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク

 

ロールキャベツの爪楊枝を使わない巻き方を動画で紹介!

今回ご紹介するのは、「ひき肉+ お米+ 野菜」をこねてキャベツで巻いた「ロールキャベツ」です!
 
ロールキャベツは具材次第でメインメニューにもサイドメニューにもなる優れモノなんで、日本ではあまり一般的ではないかもしれませんが、お米も入る肉料理なので、この一品だけで、炭水化物、野菜、タンパク質がとれてしまうんです。
 
因みに、英語では「キャベツロール」、日本では「ロールキャベツ」ちょっと呼び方が違うんですよ。
 
 

〇動画を見ながら作り方の紹介!

前置きが長くなりましたが、早速作り方の紹介です。大雑把に流れを説明すると、「キャベツを下茹でして、具材を作って、巻いて焼く」という、たったのこれだけの作業になります。
  
今回メインの巻き方!
動画の6分25秒辺りから、キャベツを剥いて、巻き始めます。
因みに、今回作る数量は「16コ」。
 

 
1、キャベツの選び方
今回使うのは、凸凹していない約1361gのキャベツ
 
2、大きな鍋にお湯を作って、「丸ごと、約10分間」蓋をして茹でる
・茹でる前に、キャベツの芯を切り取ります
・塩を入れて茹でると緑色が映えます
 
3、具を作る・・・後程詳しく
 
4、キャベツを剥く
・キャベツを後ろから、1枚ずつ剥きます
・中の方は、芯が切り取れていない場合、切りながら剥きます
・中の方がまだ固い場合は、追加で数分茹でなおします
・剥いている最中、芯に近い部分は削り取ってください
 
5、具を巻く
・ボールの中で大雑把に1/4に分けて、それを4等分使います
・動画を見ながら、同じように巻いてください。
・バットに敷き詰めていきます
 
6、トマトソースをかける
・ここではトマトピューレとキャベツのゆで汁2/3カップをかけます
・キャベツをロールの上に敷く
※水だけでも、ゆで汁だけでも構いません。おすすめはトマトピューレを全体にかけるといいですよ。
 
7、オーブンで焼く
・350°に温めておく
・約1時間半焼く
※オーブンがない場合は、温度調節ができるトースターでも構いません。
 
8、完成!
・一晩寝かしたら完成!
・待てない人は、冷めるときに味がしみこむので、一度冷ましてから温めなおすといいですよ。
 

 

スポンサードリンク

 

ロールキャベツの具材と下ごしらえは?

下ごしらえを詳しくご紹介しますね。
  
〇用意する材料
玉ねぎ・・・1カップ
ニンニク・・・大一かけ
お米・・・2/3カップぐらい
パセリ・・・1/4カップぐらい
オリーブオイル・・・適量
マッシュルーム・・・大2コ
トマトピューレ・・・1カップ 塩味がついていないもの
ひき肉・・・1パウンド
 
塩・・・大1.5
コショウ・・・適量
 

 
〇作り方
1、玉ねぎとマッシュルームをみじん切り、ニンニクをつぶす/みじん切り、パセリをみじん切り
 
2、炒める
・オリーブオイルを入れて、中火にセット
・玉ねぎとニンニクを炒めて色が変わり始めたら、マッシュルームを入れる
※オリーブオイルの代わりにバターという人もいます。
 
3、ボールで混ぜる
・炒めた具をボールに移す
・お米・パセリを入れて混ぜる
・塩とコショウを入れる
・ひき肉とトマトピューレを入れる
 
4、混ぜる
・ボールの中に入れた具材を混ぜる
 

 
 

ロールキャベツは煮る?焼く?サイドメニュー?

日本では煮物に入ると思いますが、海外ではオーブン料理なんです。でも、残念ながらオーブンがある家庭は、そんなに多くありません。また、一人暮らしの家にオーブンがあるのが当たり前なんていうことは、まだ遥か先の話ですよね。
 
そんなときは、ホーロー鍋に「ロール」を敷き詰めてソースをかけて、弱火で1時間以上火を通すなど、オーブンや煮物とは別の方法で工夫してみてはいかがでしょうか。
 

〇メインメニューにするなら

牛肉、豚肉、合い挽きで作れば、しっかりした味の”肉メインディッシュ”になります。鶏肉だと、ややさっぱり味なので、バットや鍋に残ったソースを煮詰めてかけると良いですよ。
 

〇サイドメニューにするなら

アレンジをすると、サイドメニューとして効力を発揮します!
 
お肉を一切入れないで、魚・貝・エビ類で作る!
白身魚をすりつぶすくらい細かくして、食感が残る程度に貝とエビを細切れ。そこにお米と炒めた野菜を混ぜ合わせて「海鮮キャベツロール!」なんて試してみてはいかが?
 
タンパク質の量を通常の半分以下にして、野菜の量を倍!
こうすると、更に野菜中心になるのでサイドメニューには合いますよね。お肉はつなぎ程度です。
 
 

最後に・・・

実は、クリスマスにどんな魚の料理を作ろうか検索していたら、偶然にもロールキャベツのチュートリアルという文字が目に入ってきたんです。
 
そこで、動画を流し見していたら「なんだ!こんな簡単に巻けるんだ!」とちょっと発見したので、今回は「ロールキャベツ」の作り方を紹介しました。
 
それでは、クリスマスではなくても冬でなくても、ロールキャベツは年中旬!機会があったら作ってみてくださいね。
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 料理

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。